本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省の旅その5 札幌 「豊平館 (ほうへいかん)」

札幌駅から南に向かう地下鉄南北線に乗って、「すすきの」の次、「中島公園」
ここは、札幌市民のオアシス。(って勝手に私が言ってます)

かなりの面積の公園と池、そして 国指定重要文化財の 「豊平館」 が建っています。

豊平館
豊平館は、北海道開拓使が明治13年11月に建てた洋風ホテルで、案内の方が仰るには、あの鹿鳴館よりも3年も早く建ったそうです。
最初は、北1条西1丁目に建っていて、、明治・大正・昭和の3代にわたり、行幸、行啓の行在所として使われ、その後公会堂、昭和33年に中島公園に移築され、市の結婚式場として利用されてきました。(パンフレットより)
私が札幌にいた頃は、結婚式場時代だったはず。

ここの入館料は300円。
もちろん拝観しますとも。

現在は正面玄関は使われず、裏から入るようになっていました。
立派ですよねぇ、長い裾のドレスを着て、あの階段を上がってみたいわ~
豊平館2

2階に上がると、そこにはゴージャスな大広間。
ここでパーティーなんか開かれたのかな。
広間

天皇御座所
御座所

こちらは、隣にある 「寝間」
天蓋付のベッド、憧れだわ 
御座所寝間

皇室用の椅子。
さすがに立派ですね。
皇室用椅子

こちらは、水差しなど。
あんまり模様が素敵だったので、パチリ。
豊平館容器

豊平館のお部屋は、みんな植物の名前がつけられているんですよ。
これは・・・・うーん、何だか忘れちゃった。
豊平館3

ヒメユリ、ブドウ、ユリ、フヨウ、ムラサキ、シャクヤク、ウメ、ススキとオミナエシ、ツバキ なんて感じです。

毎朝、ボーイが水差しにお湯を入れて各部屋を回り、それで顔を洗ったそうです。
寝間2

正直言って、あんまり部屋が多すぎて、訳が分からなくなっちゃった。
雰囲気だけでも味わっていただいたでしょうか。

豊平館を出てから、姉の希望で中島公園にできた 「Kitara ホール」 へ。
キタラホール

ちょうど、立命館慶祥の吹奏楽部演奏会が行われていて、吹奏楽を聴いてきました。
これがみなさん、素晴らしいホール&演奏で、本当に楽しかった。
ホールが素晴らしかったんだけど、写真はぜーったいにダメ!!とうわけで、中の写真はありません。
残念だわ~
キタラ内部

こんなホール、欲しいわねぇ。

スポンサーサイト
コメント
つねまるさん
こんばんは。

おお、つねまる少女は、押し入れで天蓋付ベッドを作ったのね。
気分は完全にお姫様だったのね。
分かる分かる、その気持ち。
私も押し入れを潰してベッドを半分だけ突っ込んで、そこに素敵なライトを付けてもらったりして、気分はお嬢様でした。
お姫様じゃないとこがミソね(笑)
、「豊平館のステーキ弁当」
何これ?と思って慌てて調べると、確かに物産展の花形みたいね。
美味しそうだし。
でも豊平館はレストランじゃないのよ。
ただ、しばらく結婚式場だったりして、どこかから仕出し料理を頼んでいたはず。
もしかしたら、そういうお店のお弁当かもね。
これ、すごく食べたくなったわ~
夜だというのに・・・・
2016/07/04(月) 22:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
憧れのっ
こんばんは。いつもお世話になっております。
きゃー♪憧れの、お姫様ベッドー!!素敵ぃ。
小さい頃、すごく憧れて、押し入れの下の段にお布団敷いて、お部屋のレースのカーテンを外してガムテープでとめて、作りました~。

お部屋の中に小さな私だけの空間ができたみたいで、楽しかったです。
ぬいぐるみなんかも持ち込んで、ひみつきち。
・・・びんぼくさくてすみません。

物産展で、「豊平館のステーキ弁当」が美味しかったですが、あれ?レストランじゃないのですね。
2016/07/04(月) 21:52 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
はやとうりさん
こんばんは。

豊平館、昔よりずっとずっと素敵に変身してて、ビックリよ。
鹿鳴館より古いってのもビックリ。
こんなホテルに泊まれたのは、ごく一部の偉い人たちだったんでしょうね。
≪陶器素敵だわ 洗面台も最高ね!!≫
ね、ね、最高でしょ?
この模様、私も欲しいわ。
そうか、天蓋は邪魔なのね。
夏なんか、風が通らなくて暑いかも。
でも、ちょっとお姫様気分になれて、ステキかな・・・・・って思うのよ。
2016/07/03(日) 19:23 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪

豊平館 素敵過ぎて言葉も無いわね
お部屋も沢山あるのね

陶器素敵だわ 洗面台も最高ね!!

天蓋付きのベッドは要らないけれどね 入りにくいわ(笑
体の不自由な物には布が邪魔でね あじもそっけもないね

でも一般人なら憧れるわね^^
2016/07/03(日) 14:19 | URL | はやとうり #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード