本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

佐久のお墓参りは今日 (8月1日) なんです

今日は8月1日。
佐久のお墓参りの日です。

江戸時代に起きた大水害 「戌の満水」 の死者を弔うためという説。

これについては、以前にも書いたことがあるんですよ。 →  (佐久の風習 1)

先日の銭太鼓の時、みんなの間ではお墓参りの話で持ちきり。

「今日、急いでお墓に行って、草むしりしてきたの」
「暑いわ忙しいわで大変」
「必ず蛇が出るんだもの」

私が思っていたのと違ったのは、千曲川流域全域で8月1日のお墓参りが行われているんだと思ったら、みんなが言うには 「佐久だけよ」 とのこと。

「上田はやらないよ」 

へええ、そうなんだ。
かなりの被害を出した小諸は、どうなってるんだろう??

そして、「戌の満水」 との関連は、全員が異口同音に 「昔、大水害があってね ~~~」 と一致していました。

それと、もう一つ。
お盆には、お墓参りをしない とのこと。
確か、前に聞いたところでは、1日にお参りしてお盆にもお参りして、何と忙しいことだろう!と驚いたんだけど、お盆はお墓参りをしないのね。

今日一日、佐久中の人たちが自分の家のお墓に、お参りしたんでしょうね。

スポンサーサイト
コメント
らんまるさま
こんばんは。

あららら
お墓参りの真っ最中に、怪しい人影が一つ。
誰だ誰だ、あれは・・・・状態だったんですね。
やっぱり、8月1日にお墓参りは驚きますよね~
佐久に来て、これと葬儀の習慣は、2大ビックリでしたよ。

銭太鼓の時、お墓参りについて話したのはみんな私より若い方たち。
この慣習はしっかり根付いていると見ましたよ。
戌の満水の犠牲者の方たちも、黄泉の国で喜んでいらっしゃるかしら。
2016/08/02(火) 22:08 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
疑問だった光景
その昔、この風習を知らずに佐久地方の山城に挑んだ小生は「????」状態・・(汗)
城址の入口はたいてい墓地だったりするので、何で8/1に墓参り?と焦った記憶があります。

よそ者には分からない地元の歴史や風習。語り継ぐ者がいなくなることは避けなければなりませんが、危惧を感じている今日この頃です。
2016/08/02(火) 21:19 | URL | らんまる #-[ 編集]
つねまるさん
こんばんは。

十津川の洪水!
そうだわね、あれも、凄まじかったのよね。
確かに、佐久みたいにお墓参りとして残せば、全員いつまでも憶えているのよね。
みんなが同じことを言ったのには、へえええーって感じでした。
十津川も、新十津川との関係で、住んでいる人にはいつまでも記憶として残るのよね。
現代だって、あちこちで水害や土石流が起こってるんだから、昔はもっともっと悲惨だったでしょうね。
そういう災害を忘れちゃいけないよね。
2016/08/02(火) 20:11 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
大洪水
こんにちは。いつもお世話になっております。
行事は全て今のカレンダー通りの味もそっけもない私です。

十津川村の大洪水を思い出しました。
和歌山県南部の神社を調べていると、あのときの水害はほんとにものすごかったんだなぁと改めて実感します。
いつまでも忘れないために、佐久のような風習として伝えることは本当にたいせつですね。
2016/08/02(火) 18:05 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
sheepさん
こんにちは。

興味深い
いえいえ、私も興味のカタマリみたいになって、あれこれ聞いたり読んだり。
所ちがえば、行事も違うんだなぁって驚きましたもん。
数百年も続いている慣例、よほど凄まじい災害だったんですね。
お墓の掃除、手入れ、大変ですよね。
今は我が家も公園墓地になったので楽だけど、昔は大変でした。
≪お墓参りの日は平日でもなんでも絶対に 変わりません。≫
そうなんですよね。
こればっかりは、どうにも変えられないものですよね。
2016/08/02(火) 17:13 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
KZ-1 さん
こんにちは。

やっぱり、お盆にお墓参りをしないのは、日が近すぎて大変だからじゃないのかな。
お墓参りって、一大イベントですよね。
お墓周りの掃除に、色んな捧げものを用意して、お寺さんを頼んで、ああでこうで・・・

≪水害以前はどうだったんでしょうね≫
これ、本当にそうだわ!!
やっぱり普通にお墓参りをしていたんじゃないだろうか。
そのあたりの事、何かに載っていないかしら。
2016/08/02(火) 17:08 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
トカ太さん
こんにちは。

数百年経っても、こういう事が受け継がれているって、凄いですよね。
最初、こちらに来て聞いた時には、もうビックリでしたよ。
お休みの会社もあるっていうんだから。
スーパーにも、8月1日のお墓参り用のコーナーが設けられるんですよ。
このブログで少しでも広まってくれると嬉しいですけどね。
2016/08/02(火) 17:03 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
佐久の風習 興味深く読ませていただきました
(興味って不適切かしら ごめんなさい)
お墓参りの日にはそれなりの出来事、災害があったのですね。
どこでも 草むしりのお話し 大変ですよね。
こちらでも お墓参りの日は平日でもなんでも絶対に
変わりません。
出来れば山の日 11日に変えてほしいなぁと
いやいや 
何かあったのか 機会があれば お上人様に聞いてみたいと思います。
2016/08/02(火) 15:36 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
No title
こんばんは。

ふ~む…珍しい風習ですね。初めて聞きましたが
そういう謂れがあって、それが今でもきちんと受け継がれている
っていうのは、良いことですね。

>お盆には、お墓参りをしない とのこと。

この辺も、お盆にお墓参りをすることができるけどしないのか、
はたまたお墓参りをお盆にしちゃいけないのか…
この辺も気になりますね。他所の土地の感覚からすると、
8月1日もお盆もお墓参りをすれば良いのに…と思ってしまいます。
あ、後は水害以前はどうだったんでしょうね。
その時は他の土地と同じく、普通にお盆にお墓参りをしてたのか…
う~ん、気になります。
2016/08/02(火) 00:08 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
No title
とにかく何か災害が起きたということが、キチンと暦に絡めて伝わっているのは素晴らしいことですよね。
えっ?という人もいるのでしょうが、そこは万見さんのブログで広まってくれるといいですね(^o^)
2016/08/01(月) 23:46 | URL | トカ太 #-[ 編集]
オコジョさん
有難うございます!
、どうも今住んでいる付近を考えても、それほどの大河も無いし、どう考えても水害に遭いそうな所が無いと思ったんですよ。
小諸は坂の町だから、大変なことになったんでしょうね。
佐久は今でも災害の少ない所ですもんね。
2016/08/01(月) 21:57 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
追記
佐久平を流れる千曲川本流では死者は出ていません。佐久市小海線の太田部の屋敷や田畑が流出したそうです。死者は無く人的被害は無かったようです。そして、対岸の鍛冶屋地区もも田畑の流出があったようです。市役所のある中込原や、岩村田地区は高台で被害は有りませんでした。
2016/08/01(月) 21:09 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
オコジョさん
こんばんは。

やっぱり小諸は、8月1日にお墓参りをするんですね!
ああ、スッキリした。
どうなんだろう・・・と思ってたんですよ。
戌の満水、本当に大被害だったんですね。
≪上畑は一つの村が全滅≫
そうなんですか。
地図で見ると、千曲川沿いですもんね。
ひとたまりもなかったんでしょうね。
ところで、今の佐久市の被害はどうだったんでしょうね。
そこのところを、あまり聞かない気がするんですよ。
2016/08/01(月) 20:56 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
戌の満水の被害が一番大きかったのは小諸宿の死者584人と、八千穂の上畑の246人、東御市の金井地区の113名、松代の近くの岩野は160人くらいだったかな・・・
上田より下流は千曲川本流の氾濫による被害なのですが、千曲川上流は千曲川の氾濫の死者はほとんどないのです。そうしたことから、墓参りの風習が生まれなかったのではないでしょうか、
上畑・小諸宿・金井は支流の鉄砲水で、その地域が全滅というように、まとまって被害があり、周辺の悲しみは多かったと思います。上畑は一つの村が全滅・・・
親しい人たちが、たくさんなくなって、そうした中で、追悼の意味の墓参の風習がはじまったようです。
小諸ももちろんも墓参りは行います。と言うより、小諸から始まった可能性もあるのではと思っています。昔はこの辺りの会社は8月1日はみんな休みでしたね。私の会社も本社は東京でしたが、休みでした。

我が家は、今月は母が亡くなって、墓の状況確認との確認と、早めに墓掃除をしました。今週は納骨をする予定ですので、今日の墓参りはなしとしました。
コメントとしては、堅苦しい話となってしまいましたね。ごめんなさい。
2016/08/01(月) 20:08 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード