本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

箱根神社で、すばらしい技を見たことがあるの

箱根神社の前に、今朝の散歩途中、虹が出ていたの♪

「晴れているのに雨が降る。 こんな日は、狐の嫁入りがあるのよ」

これは、好きだった映画 黒澤明監督の 「夢」 に出てくるセリフ。
狐の嫁入りなら、是非とも見てみたいな。

虹


箱根神社の話でしたね。

大昔、友人と二人で箱根を旅行しました。
その時の話です。

箱根神社の石段を登っていたら、右側の建物の所に人だかりが。
のぞいて見ると、そこは弓道場で、今まさに袴姿の男性が弓を引くところでした。

ピーンとした空気が流れ、大勢の見物人も息を呑んで見守るうちに 、ギリギリと矢を引きしぼる右手がぶるぶる震えていました。

(ああ 大丈夫だろうか) と思ううち矢が放たれ、見事、的の真ん中に命中!
見物人から、ほぅーっとため息が漏れ、一斉にざわめいたの。

傍に 「弓道八段者演技会」 (はっきり覚えてないけど) という看板が立っていましたっけ。

スゴイ!の一言。  
あんな緊張感の中で、大勢の見物人の前で 、的に命中させるなんて。 
一体どんな修行をしているんだろう。

見物人の中には小学生も何人かいましたが、誰も声も出さずに 見つめていました。
子供さえ取り込まれる雰囲気だったんですよ。

あんな場所に立ち会えるなんて、滅多に無いことですよね。
今でも、素晴らしいものを見せてもらったと思っています。

スポンサーサイト
コメント
トカ太さん
こんにちは。
コメント有難うございます♪

集中力、分かります!
私も集中力が無い方だから、しかもあんなにギャラリーがいっぱいいる中で、ぜーーったいに無理。
≪人に見せたい、褒められたい、自分の凄さを認めて欲しい≫
そうなのよね~
私なんて、引っ込み思案のふりして、心のどこかで(私を認めてよ)なんて思ってるから、中途半端で困るんですよ。
道を究める
スポーツなんかでも、無我の境地になるほど、成果は出るみたいだものね。
その境地に到達してみたいもんだけど、私は無理だわ~
2016/12/14(水) 13:25 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
KZ-1さん
こんにちは。
コメント有難うございます♪

そうなの?
狐の嫁入り見たら、狐にお腹を裂かれるの??
それは困るわ。
子供の時にそんな話を聞いたら、トラウマになるわよねぇ。
≪雨の日に虹が見れると帰り道ちょっと早足だったり≫
その気持ち、分かります。

≪仲代達矢か三船敏郎辺りが「見事ぞ!!」 と一言言う所でしょうね~≫
そうそう、そんな感じ!
でも、あの声にならないどよめきも凄かったですよ~
ああいうの、私初めてかもしれない。
2016/12/14(水) 13:19 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
弓に限らず集中力の問題なんでしょうね。
人に見せたい、褒められたい、自分の凄さを認めて欲しい…、そんな意識では道を進むことすらままならないのでしょうね。

私?
モチロン、道を究めるなんてトンデモないです。
「見てみて~、こんなんできた~(^o^)」と入門時点で色々見失うタイプです(^_^;
2016/12/14(水) 00:05 | URL | トカ太 #-[ 編集]
No title
こんばんは。

>狐の嫁入りなら、是非とも見てみたいな。

土地に寄っては、狐の嫁入りを見た人間は
狐に腹を裂かれて…みたいな話を昔読んだことが
あります。
まだ小さかったんで、子どもながらに怖かったんですよね~。
なので、雨の日に虹が見れると帰り道ちょっと早足だったり(笑)

>(ああ 大丈夫だろうか) と思ううち矢が放たれ、見事、的の真ん中に
>命中!
>見物人から、ほぅーっとため息が漏れ、一斉にざわめいたの。

映画だったら、仲代達矢か三船敏郎辺りが「見事ぞ!!」
と一言言う所でしょうね~。
そういう場に立ち会ったことがないので、一度見てみたい
ものです。
2016/12/13(火) 23:40 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
オコジョさん
こんばんは。
コメント有難うございました♪

本当にオコジョさんは、何でもやってらっしゃる!!
お祖父様が7段、叔父様が5段、お母様が3段って、そういうお宅ってそうそう無いんじゃないですか。
≪5段は昇段試験で二本中2本当てなければなりません≫
それって、全部当てなくちゃならないってことじゃないですか。
考えただけで無理だわ。
もしかして、こちらは弓道が盛んなんですか?
いつも行く駒場公園にも弓道場があり、結構使われているんですよ。

箱根神社のあれは、今思っても不思議なような出来事でしたよ。
弓道を見るなんてあれが初めてだったけれど、引き締まるような雰囲気は誰でも感じたんじゃないかな。
2016/12/13(火) 20:29 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
じっと耐えて矢が自然に離れるのを待つ・・・
7段教士の祖父がそういっていました。若くして亡くなった叔父は5段、母親は戦前の武徳会の3段・・・
わたしの母方の家系は弓引きが沢山いました。
私も引いたことがあります。東京にいて、夏小諸に遊びに来た時だけの遊びだから、段はありません。祖父から初段クラスとは言われましたが・・・
もっとも、初段は形だけ良ければ取れます。
5段は昇段試験で二本中2本当てなければなりません。
7段以上は名誉職ですね。当てるだけなら、5段クラスでしょうか・・・
でも、当てるだけが弓道ではないようです。
素敵な射手に出会ったようですね。
もう50年も昔懐古園の弓道場で引いた日を懐かしく思い出しました。
母の家には弓と矢も残っているのですが、いつか処分しないといけないようです。
母の弓は赤い弓に補強のために藤蔓を蒔いた重藤という女性らしい素敵なものなのですが・・・
2016/12/13(火) 20:10 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード