本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

東京の旅 その1  タ・カ・ラ・ヅ・カ よーん♪

無事に帰って参りました。
帰った時には、寒いけど本当に上天気  だったのに、今の佐久はものすごい雪! 
これは、どういうことじゃい??

昨日の朝、私の乗る新幹線あさまは、一路東京を目指して走ってました。
佐久は寒かったけど、東京はどうだろう?

東京駅で乗り換えて、有楽町そごう (年が分かっちゃうね) じゃない、ビッグカメラで、友人と合流。
そこから、東京宝塚劇場を目指して歩きます。

ふと気づくと、前後左右みんな女性。
きっと宝塚に行くのよ、って言いながら到着。

劇場

入り口で、去年散々苦労してゲットしたチケットを出して、無事入館。・・・・・ホッ → (タカラヅカのために、夜道を激走)

ロビーを撮るのもそこそこに
ロビー

私は売店へ走ります。
売店

ここで念願のプログラムをゲットぉぉーー

プログラム

ところが、この売店 (「キャトルレーヴ」って言うらしいのよ) から出る時、劇場のお姉さんに 「チケットをお見せ下さい」 って言われて、私一瞬真っ青 
慌ててバッグをガサゴソ探したら、ちゃんとありましたぁ。 

さて、いよいよホール内に入ります。

一番驚いたのは、ホールは横長で、意外と狭かったこと。
これには本当に驚いた。
これなら、舞台をじっくりと観られるわ♪
これは、いつも音楽用の縦長のホールを見慣れていたせいだわね。

私たちの席は、1階の21列目、ちょっと前の方の頭で見えにくいこともあったけど、それはお互い様ってことで。
2階席の1番前なんてのも、良いでしょうね。

場内1

それからはもう、めくるめく世界で、もちろん写真はありません。

第一部は 「雪華抄」 という、和風のショー。
次から次へと男役さんが出てきて、さて、どなたがトップの 「明日海りお」 さんなのか、さっぱり分からず。
絢爛豪華な踊りが続きます。

1時間ほどのショーが終わってから、20分ほどの休憩かな?
その間に団員さんたちは、メークを作り替え、髪型も衣装も替え、舞台裏はものすごい騒ぎになってるんでしょうねぇ。

そしていよいよ、お目当ての 「金色の砂漠」 の開幕です。

場内2

この舞台はまだ開催されているので、これ以上は何も書きませんけど、とにかく 「明日海りお」 さんのカッコいいこと!!
細身で顔が小さくてスラッとして、やっぱり一等地抜きんでてますねぇ。
宝塚の男役トップがものすごい人気って、本当に良く分かりました。

あれだけの楽団員と、大がかりなセットと生演奏と。
それに脚本でしょ?、歌でしょ?踊りでしょ?衣装でしょ?
大変な労力の結晶よね。

切ない切ない物語が終わり、後ろ髪を引かれながら劇場を後にしました。

先生とも言うべきJさま、本当に色々と有難うございました。 <(_ _)>


スポンサーサイト
コメント
sheepさん
こんにちは。
コメント有難うございます♪

そうなの、宝塚なの!
素敵だったわよ~
トップの方、本当に顔が小さくてスラッとしてて、カッコ良かったの。
オペラグラスを持って行ったんだけど、同じような衣装の男役さんでも、ちょっとポチャッとしてたり、様々でしたよ。
とにかく、あの早変わりの凄い事。
体力が無いと、絶対に倒れるわよ。
ワタクシには無理ですわ(笑)
ひと時の、ときめきをたっぷり味わいました。
生演奏なんだけど、私の席からはオーケストラボックスがまったく見えませんでした。
ものすごく大がかりな舞台に、ビックリでしたよ。
2017/01/18(水) 16:22 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
あああっ そうだったんだ
宝塚でしたのねぇ~
めくるめく世界
おおおおっ  わかりますよ!良かったでしょう~
細身で顔が小さくてスラッとして
おおおおおおっ  もうとろけるわぁ~(笑)
生演奏なのも最高ですよね!
2017/01/18(水) 10:59 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
オコジョさん
こんにちは。
コメント有難うございます♪

ただいま~
今朝の雪はすごかったですねぇ。
雪かき、お疲れ様でした。
仕方ないこととはいえ、雪もこの寒さも、もう嫌ですね。
早く春になって欲しいですよね。

観劇なんて数十年ぶりのことなんで、あの独特の華やかさにウットリです。
女性が殆どで、男性はチラッといた程度でしたよ。
やっぱり宝塚は、女性の世界なのかしらね。
音楽も生演奏だし、セットも素晴らしかったし、贅沢ですよね。
衣装も豪華絢爛でしたよ。

「有楽町で逢いましょう」 懐かしい歌ですよね。
あれ、そごうのPR曲だったんでしょう?
フランク永井、歌の上手な方でしたよね。
ビッグカメラになって、あの華やかさは無くなってしまいました。
2017/01/17(火) 16:15 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
こんにちは。
コメント有難うございます♪

そうなのよ、おばちゃん。
あの「そごう」はもう無いのよ~
何だか寂しいわよね。
駅前だし、ブラブラしながら待ち合わせするのに良いデパートだったのにね。

≪宝塚の男役の方は、全く足元を見ないで、 階段を颯爽と下りられるのですよね≫
そうなの、そうなの!!
あの高い階段を、下を見ないで降りるのよ~
私なら、怖くて転げ落ちるわ。

本当に数十年ぶりの宝塚、まさに夢の世界。
セットも、ものすごく大がかりで、お金かかってるわよ。
あのお値段になるのは仕方ないわね、と思って帰って来ましたよ。
まさかこの年になって宝塚を観られるなんて、長生きはするもんだわ。

2017/01/17(火) 16:02 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
お帰りなさい。
また雪掻きをしてきました。
夕べしたのにまた同じくらい、でも、大雪がずれてよかったですね。

感激の観劇、感動が伝わってきます。好かったですね。
生は違いますよね。ビデオなどでは本当の良さは判りませんよね。素敵な時、最高の思い出になりましたね。

有楽町は「有楽町で逢いましょう」の頃東京にいましたので懐かしいですね。今は無き日劇の前で待ち合わせをしたこともありました。椎マイクと迷子になりそうです。
2017/01/17(火) 10:07 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
No title
えっ、有楽町そごうがビッグカメラになっているのですかv-405
関東を離れて〇十年v-363
今行っても、右も左も多分 分からないと思いますv-393

宝塚の男役の方は、全く足元を見ないで、
階段を颯爽と下りられるのですよね、
おばちゃんからしたら神業です。
さすが、プロですね。

鑑賞され、夢のような時間だったと察します。
大変な思いをされ チケットをゲットの甲斐が
ありましたねv-410
2017/01/17(火) 00:31 | URL | 佐賀のおばちゃん #-[ 編集]
女王さまさま
まあ、素敵でしたよ~

ホテルでプログラムを出して2人で見ながら「やっぱりトップは素敵だね」 「しょうゆ顔だよね」 「私、ソース顔よりしょうゆ顔の方が好きなんだ」 「同じ男役でも、オペラグラスで見てるとかなり雰囲気が違うんだね」 「ああでもない、こうでもない」 と話は尽きませんでした(笑)

ジェンヌのみなさん、本当に大変!!
あの後、15時半からまた公演だもの。
私だったら、ぶっ倒れてるわ。
(誰も私に出ろとは言わないけどさ(笑))

例の大階段はいつやるんだろ?と思ったら、やっぱり最後を飾るのねぇ。
白い羽をつけたのが、みりおさんかと思ったら、紫の羽を付けて最後を飾ってましたね。
あの方には、退団して女優さんなんかにならず、ずっと男役をやって欲しい!!
2017/01/16(月) 21:43 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

東京観劇旅行、お疲れさまでした!
雪は大丈夫でした?
みりお(明日海りお)はいかがでしたか?
今の宝塚の中では歌うまさんだとおもうのですが。
切ない金色の奴隷さんに♥︎♥︎だと嬉しいです。

幕間の休憩は30分、2回公演の間の休憩は1時間だったとおもいます。
短時間でメイクを直し、1時間でまた公演というのは本当に大変ですよね。
ちなみに裏方も大変なんですが(笑)
あの細いジェンヌにあれだけの体力があるのが不思議ですよー。

お友達の感想もぜひきかせてくださいね。
続きも楽しみにしてまーす!
2017/01/16(月) 21:24 | URL | 女王さま #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード