本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

カーテンのトラウマ

朝、起きてカーテンを開ける時、小樽時代の子供の頃を思い出しちゃうのよね。

何故かというと、勢いよくカーテンを開いた時に、レールの端に付いている留め金が外れて、引いたカーテンがバァーッと外れることが何回もあったの。

1回や2回じゃないのよ~
何回も何回も外れたの。

そのたびに私は、大袈裟に言うと、頭から血の気が下がる感じ 

だって、チビの私にとって、高い所にあるレールに、下に落ちてしまったカーテンの金具を一つ一つ嵌めて行くだけでも大ごとだったし。
最後の金具はどうしたのか憶えていないんだけど、多分親に言って、やってもらったんだろうな。

それにしても、何であんなに簡単に金具が外れたんだろう??
多分、あの頃のカーテンレールの造りが、今に比べてかなり ガッサイ (北海道弁で、造りが安っぽい) 物だったんじゃないかな。

あの記憶のお蔭で、今でも私はカーテンを開ける時、少しヒヤヒヤしながらそーっと優しく開けるようにしてるんだ。
あれが私だけのことだったのか、姉も同じ思いをしていたのか、今度聞いてみようっと。


スポンサーサイト
コメント
オコジョさん
こんばんは。
コメント有難うございます♪

学生時代に初めて雨戸を使った時、余りに部屋の中が真っ暗になったので、ビックリしたんですよ。
まるで穴倉にいるみたいって(笑)
北海道には、雨戸が無くて、窓は二重窓だったけど、それは寒いものでした。
あの、カーテンがレールから外れる感覚、分かってもらえます?
あー、またやっちゃったよ~  って感じでした。
今でもドキドキするって、よほど子供心にショックだったんですね。
2017/02/09(木) 22:26 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
つねまるさん
こんばんは。
コメント有難うございました♪

楽しいカーテンの思い出なのね。
私の、血の気の引くような思い出と違って、羨ましいぞ!!
レールを外れた金具を元にもどすって、面倒くさいのよね。
小さかった私には、ひと仕事だったのよ。

寒い寒い北海道で、カーテン1枚の生活。
もっと暖かくできなかったんだろうか。
雨戸って、北海道にこそふさわしいと思うんだけど、雪で凍りついちゃって窓が開かなくなっちゃったのかな。
2017/02/09(木) 22:21 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
「私の時代 カーテン家にあったのかしらね 」とほかの方がかかれていますが、私もよかいころカーテンのある光景が思い出せないのです。東京は窓はすりガラス…
夜は雨戸を閉めて・・・
今になっても些細なことで、後悔することがあります。その時に寄っていろいろですが・・・
今考えると値のないことなのですが。胸がどきどきしたりして・・・
2017/02/09(木) 20:56 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
カーテン♪
こんにちは。いつもお世話になっております。

学校のカーテンって、フックが「こざとへん」みたいな形で、棒がカーテンのシワに突っ込んであるだけだったんで、よくフックがすっぽぬけて取れてしまってました。

うちのは、クリップでカーテンを挟むタイプだったんで、下に引っ張ると、ぱちんっと取れて。子供の頃はそれが楽しくて、取りまくってました。

何で覚えてるかってと、そのあと、ものすごく叱られたから。
おほほほほ。それでもやめられないとまらなーい♪でした♪

2017/02/09(木) 18:48 | URL | つねまる #pjmS0te2[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。
コメント有難うございました♪

≪木枠の窓にすきま風≫
そうそう、我が家も同じ。
サッシってものが出来たのが、私が札幌に移ってからだもの。
それまではどの家も木枠で、隙間風と雪がピューピューよ。
北海道って、雨戸って無かったから、ものすごく寒かったもの。
学校はもっと酷かった。
雪が入ってくるトイレで、体操服に着替えたりして、今じゃあ信じられないわね。
小学校の白いカーテンも良く憶えてますよ。
日本中、どこも同じだったんじゃないかな。
ああ、懐かしい。
2017/02/09(木) 15:40 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
トカ太 さん
こんにちは。
コメント有難うございました♪

トカ太さんも、何か原体験が!!
何でしょうねぇ??
それにしても、何であんなに留め金が外れたんだろう・・・
いつもいつも外れた気がするのよ。
この感覚は、結婚しても消えないんだから、小さい頃の原体験ってすごいのね。
カーテンを優しく開け閉めするのは、とっても良い事ではあるのよね。
あんまり勢いよく開けすぎていたんだろうかもしれないわね。
2017/02/09(木) 15:33 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おはよう♪

私の時代 カーテン家にあったのかしらね
隣の部屋との仕切りにはあったかな
何せ昔の家は寒かった 木枠の窓にすきま風が・・・
どんな家やねん(笑

小学校のカーテンなんて白のみ そう言えば留め金あっちこちはずれてたような気がする(笑
2017/02/09(木) 07:08 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
なんだろう、何か私も気持が分かる気がするのですが、カーテンを引っ張って落とすことはありませんでした。
でも、何か原体験があったようで、カーテンを開ける時は少し持ち上げ気味にして、そーっと開けるようなクセがあるんです。
万見さんのこの記事で何かとても懐かしい記憶のトビラが開きそうな気がします(^^)
2017/02/09(木) 01:06 | URL | トカ太 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード