FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

昔、小樽では書道を習う子が多かった

小学校の頃、お習字を習っていたの。
それから、6年生まで習い続けた。。。。 って言いたいけど、とにかく飽きっぽい性格だったから、途中でグレて何回も中断。
何とか6年生に辿り着いた感じ。

あの頃、私の周りでは、とにかくお習字熱が凄くて、猫も杓子も習ってる感じ。
それと競っていたのがソロバン。
母は、私の計算能力に絶望していたのか、ソロバンを習えとは言わなかったのね。

小学校の近くに、それは綺麗で和服姿もキリッとした中年の女性の先生がいらして、その先生の書道教室は大入り満員。

ごく普通の民家の2階が教室になっていて、行ってガラリと玄関の引き戸を開けると、すぐに狭い階段が2階まで通じていた。
その1段目からてっぺんまで、各段に子供が一人ずつ座って墨を磨っていたのよ。

狭い階段の右側に子供が座り、練習を終えた子は左側を通って階段を下り、1人帰ると1番上の段に居た子が部屋に入って練習を始め、階段に座っている子達は順番に1段上がる、という状態。

畳敷きの部屋に置いてある机の所まで辿り着くと、さっそく練習開始。
階段に座っていた時に、ずっと墨を磨っていたから、墨の準備は万全。

筆を持って何回も何回も書き、時々先生の所に持って行って直してもらい、最後に (これだ!!) っていうのが出来上がると、お清書として提出。
そしたら、例の狭い階段で墨を磨っている子達の横を通り過ぎて、帰るというわけ。

だから、1回にかかる時間はかなりのものだったと思うんだ。
今思えば、のんびりした時代だったのね。

お習字教室の思い出は色々あって、一度なんか教室の皆でオタモイ海岸までバスを仕立てて遊びに行ったこともあったっけ。
いつも着物姿の先生が、凛々しいスラックス姿だったのが、とっても印象に残っています。

考えてみると、クラスの子の大半が習いに行っていたようなお習字教室。
墨の匂いが好きなのは、この頃の思い出があるせいかもしれない。

あんなに頑張って練習したのに、私の腕はそんなに上達しないままに終わり、漢字もどんどん忘れ去り、困った状況になってしまっているのよ。
あのお習字教室のあった家、まだあの場所にあるんだろうか。
今度帰ったら、探しに行ってみようかな。
スポンサーサイト
コメント
おばちゃんさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

やっぱりおばちゃんとは同世代ね。
そして、日本全国あの頃はお習字とソロバンが定番だったわけね。
そうそう、墨を摺るところから始まりましたよね。
子供たちがお習字を習う頃、当たり前のように墨汁を使うのにビックリ。
今の時代、墨を摺るのに使う時間がもったいないってことでしょうかね。
ソロバンの先生は褒め上手だったのね。
誰でも褒められると嬉しいもんですよね。
おばちゃん、免状を幾つも持ってるのはスゴイですよ。
私なんて、自慢じゃないけど普通免許だけだもの。。
どんだけグータラなんだか(汗)
私の密かな劣等感です。
2018/06/09(土) 18:33 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おばちゃんらが小学校の時の習い事と言えば、
習字、そろばんは定番でしたね。
習字は幼稚園に、そろばんはお寺に習いに行っていました。
と言っても おばちゃんは万見様以上に飽きっぽい性格
ですから、止めていた時期の方が長いのですがv-393

習字は、毎回、黙々と墨を摺ることからv-237
褒めることをしない先生だったことくらいしか記憶に
ないのですv-393
反して、そろばんの先生は、地元でも有名な先生で、
「わぁ、凄かあv-425」と褒めておられました。
それても3級止まりv-407
習字は、何級までとっていたのか、賞状自体、
どこにやったものだかv-393
手元に残っているのは、
英検と就職に必要だった2種類の免状だけですが
もう、それも必要がなくなりました。

昔を懐かしむ歳になってしまいましたねv-405
2018/06/09(土) 01:09 | URL | おばちゃん #-[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

はやとうりさんは、ソロバン派ですか。
3級が取れれば十分でしょう。
私、ソロバンが全然ダメ。
小さいころから暗算がだめで、今でも頭の中で指を折って数える始末なのよ~
体調は心配ですね。
あまり無理をせずに、焦らずにノンビリやっていって下さいね。
可愛い扶養家族が大勢いるんだもの。
2018/06/08(金) 15:48 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
オコジョさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

何をおっしゃいますか!!
あれだけの写真の腕を持っていて、山もやり、ブログもやり、何にでも詳しくて、尊敬してるんですよ。
子供のころに習ったこと、今にして思えばもっと頑張れば良かったなと思ってるんですけどね。
とにかく飽きっぽい性格で。
今続いているのは歌だけ。
やっぱり好きだったんですね。
字が書けないのは同じですよ~
信じられないほど忘れていて、こりゃあダメですね。
2018/06/08(金) 15:42 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
sheepさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

本当にきりっとした素敵な先生だったのよ。
いたずら盛りの子供たちも、あそこで騒いでいるのは一人もいなかったの。
大入り満員のお習字教室。
とにかく、ノンビリした時代だったのねぇ。
あんなに時間がかかったけど、文句も言わずに一心不乱に墨を摺って。
帰省、今から何をお土産にするか頭を悩ませています。
超楽しみ!!
2018/06/08(金) 15:37 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
たっくんさん
あれれ
営業お休みの日があるんですか!
まあ、私の日程はずらせないし、ダメだったらまたの機会にするしかないわねぇ。
小樽の友人が頼んでくれることになっているので、連絡とってみますね。
どうも有難うございます。
2018/06/08(金) 15:33 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪

仙千代さん お久しぶりです
私はあまり元気ではないよ

お習字教室ね 習っていなかったわ
字は個性的なのでお習字には向いてなかったかな(笑
高校生の時 算盤を習っていたよ =^-^=
でも不器用だから最低のラインで(笑 3級くらいは取れた
2018/06/08(金) 14:53 | URL | はやとうり #-[ 編集]
こんばんは
何もしなかったなあとと・・・
ため息をついています。

免許も含め資格は一切なし、賞罰もなし・・・
定年で、再就職の履歴書の書き方を甲州で教わったとに思いました。
失業保険をもらうためで、履歴書は書きませんでしたか・・・
私は何してきたのか・・
字も忘れていきますね。読めますが、書けませんね。
パソコンがなくなったらバニックです。
2018/06/07(木) 22:16 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
No title
こんにちは♪
ふふっ なんかいいですよね
階段で墨を磨って、上がっていくのね
和服姿の先生はお上品で綺麗な方だったのでしょうねぇ~
今年も万見さま帰省されるのですか
いろいろと準備されているのでしょうね
楽しみですね。
2018/06/07(木) 17:16 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
こんにちは。
7月に帰省とのことですが、
マンジャーレはたま~にディナーの時間帯はライブを開催しているようで一般営業をやっていない日があります。
念のため事前に確認されたら良いと思いますよ。
2018/06/07(木) 14:47 | URL | たっくん #tQ725RIE[ 編集]
たっくんさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

本当にお久しぶりですね。
そうそう、7月に帰省するんですが、中学時代の友人達と私のリクエストでマンジャーレで会食することになりました!
おいしそうなお料理の数々、今からとっても楽しみにしています。
お習字とソロバンを習ってたんですか。
それも蘭島で?!
ものすごーく懐かしいです。
水泳講習会に通ってましたからね。
二月って書いたのを覚えてるって、天才じゃないですか?
私、最初に書いた字なんて全然覚えてないわ。
ご両親は施設で、お家も売ってしまわれたんですか。
ホテル滞在になったんですね。
でも、お知り合いは多いから、やっぱり帰らなくちゃですね。
フルートトラヴェルソっていうのがあるんですか。
初めて聞いたわ。
いつまでも音楽に関わっていくのは、楽しいですよね。
細々としたブログですが、今後ともよろしくお願いいたしますね。
2018/06/07(木) 13:40 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
お久しぶりです。毎日見てますよ。

習字、そろばんやっていました。

幼少の頃は蘭島で、初めて書いた文字は「二月」、覚えています。
長橋に転校してからは友達に誘われ、どこかの老夫婦のご自宅で習っていました。はじめは新聞紙に書いたりしてました。生徒が使い終わった国語の教科書を先生によく渡していて、その中からその日のお題が決められていた感じです。

そろばんは2級どまり。試験会場は北照でしたね。応用問題が苦手でした。

小樽には年3~4回ほど帰っています。
とうとう両親はそれぞれ別の施設に入院し実家は売却。そのため帰省と言ってもホテル泊り。マンジャーレは毎回お邪魔してます。丁寧な仕事でやっぱり美味い。故郷に帰っても今ではよそ者です。

ボーナスが出たら、フルートトラヴェルソ(樹脂製のバロックピッチ)を購入し挑戦してみます。
はたして音が鳴るのかな?


これからも楽しみに見てますよ。
2018/06/07(木) 06:07 | URL | たっくん #tQ725RIE[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分12才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。(まりは10月25日永眠しました。家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。)

何をするにも、まず散歩から!
散歩は健康の秘訣です。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード