FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

長野芸術館 「カルミナ・ブラーナ」 を聴きに行ってきました

カールオルフのカルミナ・ブラーナ。

カルミナポスター


今日、長野市芸術館で公演が行われたので、聴きに行ってきました。
長野までは新幹線あさまでたった20分 

あっという間に長野駅に着き、そこから徒歩で13分ほど。
市役所と一緒の敷地に、芸術館は建っています。
立派ぁ~~~

チケットを出して、プログラムを貰います。

カルミナ

管弦楽、合唱、総勢300人の演奏です。

特筆すべきは、スクリーンに歌の意味を出してくれること。
訳詩は大岡信さん。

これってね、すごい内容なのね。
自分でも歌っているのに、いや~ 知らなかった。

プログラムから抜粋すると

11世紀の南ドイツ、ボイエルン修道院を訪れた修道僧や学生が綴った若者の怒りや恋愛、酒や性などの詩が残されていました。
19世紀になってそれらが「 カルミナ・ブラーナ」 (ボイエルン歌謡集) の名で出版され、作曲家カール・オルフはその中から24篇の詩を選び本作品を完成させました。 (宮澤等さんの解説より)



「初春に」 「酒場で」 「愛の誘い」 の3部からなっているのですが、特に 「愛の誘い」 はあれやこれや、こんなのを歌ってたのかい!っていう歌詞で、思わずウフフ・・・
大岡信さんの訳詩も、短いけど絶妙で面白かったです。

大迫力で、最後まで飽きることなく聴くことが出来たカルミナ・ブラーナ。
楽しい素晴らしい音楽会でした。
出演者のみなさま、有難うございました。

スポンサーサイト



コメント
sheepさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

素晴らしい演奏でしたよ。
300人は凄いですよね。
意味もそれなりに分かったし、飽きずに聴けた演奏でした。
私の団はかなり前から練習していて、去年仲間のほとんどが東京まで歌いに行ったんですが、私は腰痛の心配からパス。
今年の6月にも、あきる野でピアノ2台とティンパニーの伴奏で歌うんですが、それもパス。
全く何のために練習してるのやら・・・・
それでも、最初と最後の曲だけでも歌っていると気持ちがスッキリするので、良しとしています。
2018/03/27(火) 16:50 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
オコジョさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

ええと、カルミナブラーナはトリオンフィの第一部ってことなんですか。
それで、第二部はもっと凄い歌詞なんですね。
全く知らずに歌っていました。
さすがオコジョさんはお詳しいですねぇ。
私は1年半くらい練習しているのに、佐久では演奏は無理で、他の皆さんは東京まで歌いに行ったんですが、私は腰に自信が持てずにパス。
結局、舞台で歌う機会は無くなりました。
残念だけど、あの痛い思いを考えるととっても無理です。
それでも、長野芸術館の素晴らしい音響の中で聴いたカルミナは素晴らしくてすっかり満足しました。
やっぱり長野市ですね、あれだけの編成で出来るのはなかなかありませんね。
2018/03/27(火) 16:43 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
万見さま こんにちは♪
”カルミナ・ブラーナ”
ドイツ・バイエルン州のボイレン修道院で発見された詩歌集なのですね
総勢300名ですか! これは迫力ありますね~
万見さまも歌ってらっしゃるのね
興味がありますよね
わたくしなんかと 規模が違いますね
素晴らしいです!

2018/03/27(火) 14:57 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
こんにちは
『カルミナ・ブラーナ』は刺激的な音楽ですね。ぐんぐんと突き刺さって来るような興奮を味わったのではと・・・
歌詞は凄いですね。
この曲は『トリオンフィ』3部作の第1部なのですが、第2部の『カトゥーリ・カルミナ』はもっとすごいです。私のブロクで歌詞を紹介したら多分、受付けないか、即、消されます。
第3部の『アフロディテの勝利』も、しかり・・・
『カトゥーリ・カルミナ』は4台のピアノと打楽器オーケストラと合唱・・・
『アフロディテの勝利』はピアノ3台、ギター3本、打楽器群と合唱・・・
『カトゥーリ・カルミナ』の楽器編成はストラヴィンスキーの『結婚』です。オルフもストラヴィンスキーも弦楽器は羨好きでなかったようです。もっともストラヴィンスキーには弦楽合奏のもありますが・・・
『トリオンフィ』は勝利という意味ですが、この勝利は「愛の勝利」です。それもかなり肉体的な・・・
3部作はすべてCDを持っていますが、やはり『カルミナ・ブラーナ』が一番のようです。
オルフという作曲家は舞台柵進しか興味のなかった人で、私CDは後、オペラが4曲・・・
グリム童話による「賢い女」は、主人公の賢い女はほとんど歌わない・・・
同じくグリム童話による「月」は登場人物は男声だけ・・・
オルフの指向はかなり変わっています。もっとも現代はそうした個性が執拗なのかもしれませんが・・・
長々と失礼しました。書き過ぎましたね。
『カルミナ・ブラーナ』歌える日が楽しみですね。
2018/03/27(火) 14:54 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
おばちゃんさん
こんにちは
コメント有難うございます♪

いやあ、凄い迫力でした!
この芸術館は一昨年に出来たばかりで、音響がものすごく良いんですよ。
私は一番後ろで聴いたんですが、ガンガン響いてきました。
さすがに県庁所在地ですね。
仙千代地方じゃとっても無理です。
小学生の皆さん、いっぱい並んで綺麗な歌声を聴かせてくれました。
福島県は合唱県だから、あそこの合唱団は最高ですよね。
曲の内容が面白くて。
串刺しになって丸焼きにされる白鳥の歌とか。
男日照りで、いつまでも生娘だとか(笑)
知らなかったわ~
2018/03/26(月) 16:41 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
生のカルミナ・ブラーナをお聴きになったのですね。
まあ、羨ましいv-10
迫力も満点でしたでしょう。
スクリーンに歌の意味を出してくれることもいいですね、
樋口先生にお伝えしたいです。

小学校の合唱団も出演とはv-405
やはり、長野は文化県ですね。
あっ、福島の郡山もです。
佐賀県なんて、下の下ですv-390
2018/03/25(日) 23:08 | URL | おばちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード