FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

徽章屋(きしょうや)さんと私

今は昔、私は 「徽章屋さん」 に何度となく足を運んだ思い出がある。
家から近いとは言えない、国道沿いにひっそりとあったお店。

「徽章屋」  
優勝カップだとか、賞状だとか、イベント参加のリボンだとか、そういう物を売っている、かなり特殊なお店だ。小樽にも余り無かったのではないか。

私が何故そんなに徽章屋さんに足を運んだかというと、当然優勝カップを買い求めに行った訳ではない。

中学の校章、クラスのバッジ、高校の校章、クラスのバッジ etc etc・・・ 委員会のバッジもあったかもしれない。 そんな物を買いに行っていたのだ。

それも、いつも一刻を争う状況だったような気がする

例えば、明日は上級生の卒業式、明日は自分の卒業式、明日は部活の出陣式、明日は委員会の集まり等々。
制服チェックがあった覚えもないのだが、あんなに慌てて買いに行ってたってことは、もしかしたらチェックがあったのかもしれない。

なんとなく足を踏み入れにくい雰囲気で、子どもなんか滅多に来ないようなあの店に、校章やクラスバッジを失くした私はしょっちゅう駆け込んでいたのだ。

静かな店内、最初のうちこそ店の人に用件を伝えるのもおずおずとしていたのに、途中からは学校関係品の場所もすっかり覚え、引き出しから勝手に取り出して 「これ下さい」 とか言うようになっていた。気遅れなんかしていられなかったのだ。

特に卒業式前が多かったのだろうか。寒い冬、雪がちらほら舞い落ちる季節、そして時間はいつも夕刻だった。

徽章屋さん = 冬 = もう日が暮れてしまった時間、というイメージと、自分のだらしなさを思い知らされる思い出だ。親にも友人たちにも、徽章屋さんの事を話した憶えがない。 あそこは密かに買いに行かねばならない、そんなお店だったのだ。


ランキングに参加しています。ポチッと押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード