FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

昔の病院って

子どもが幼稚園の頃、ちょっとした手術を受けるために一泊二日の入院をしました。

当時は完全看護の時代では無くて、家族が付き添えない人は自腹を切って、「付き添いさん」 という女性を頼むことが多かったんです。

もちろん私は娘に付き添ったんだけど、そこでとんだことが起こりました。

今はどうか知らないけど、当時は新しく病室に入ると、先に入っている人たちに挨拶の意味で、何かの品を配るのが当たり前。
当然私も、前もってお菓子を用意して、先にいらしたオバサマ達に差し上げました。

一人の方がいなかったので、ベッド脇の台に置いておきました。
それが大失敗。

その後、患者さんが戻ってこられて、私はご挨拶。
そこまでは平和だったんだけど、

直後にやってきたその人の付き添いさんが、そのお菓子を見て大声で患者さんをなじり始めたんですよ。

「なあに、このお菓子は!〇〇さん! またこんなお菓子を勝手に持ってきて!!!」
病室中に響き渡る声で責める付き添いさん。

私は慌てて飛んで行って謝りました。

「すいません、私が勝手にそこに置いたんです。」

付き添いさんはブツブツ言いながらも、それ以上はその場で患者さんを責めなかったんだけど、本当にマズイことをしました。
意地悪なだけだったのかもしれないし、その患者さんは食べられないものがあった、カロリー的に食べちゃダメだったかもしれない。
色々考えられますよね。

でもあの怒り方は、あの時だけじゃなく、普段も言っている感じがありありと分かって、いやあな気持ちになりました。
それと同時に、こういう風習は無くした方が良いんだとも思いましたね。

かつて、完全看護の政策が取り上げられたとき、大賛成だ!!と思ったのは、その時の経験からです。
随分昔の話になったことだけど。

スポンサーサイト



コメント
sheepさん
こんばんは
コメント有難うございます♪

ティッシュ
それは良い考えですね!!
あの頃は、そういう考えが全然無かったな。
ティッシュだったら必ず使うし、良いですよね。
病院の付き合いは何かと大変。
今はそういう事が無くなったようなので、本当に気楽ですね。
babaさまが入院されたら、それは大変なことでしょうね。
確かに、あれだこれだってしょっちゅうSOSが入りますね(笑)
babaさまには、しっかりと頑張ってもらわないとね。
2018/11/04(日) 19:08 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
はやとうりさん
こんばんは
コメント有難うございます♪

そっかー
はやとうりさんは、その辺りのことは良くご存じだものね。
今はそういう事が無くなった
それは本当に良いことですね。
昔は大変だった覚えがありますよ。
私は佐久に来て、看護師さんの質の高さに驚いたんですよ。
やはり佐久総合病院がある影響なのかな。
皆さんとっても親切で助かります。
前の所ではそんなことは無かったので、佐久は先進地域だと思ってるの。
全国すべてそうなってくれると良いんだけどね。

2018/11/04(日) 19:02 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
はいはい ありましたよね~
お見舞いで果物とかいただくと、配ったり
でも食べ物は 食べられない方もおられますよね。
私は ティッシュの箱を配ったりしてました~
ほんと 病院にいても大変なお付き合いですよね
今でも 義母さまが病院にはいったら
そりゃぁ大変ですわよ
なんやか 持ってきて~ってね

2018/11/04(日) 17:01 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
No title
おはようございます♪

確かにそう言う時代あったわね
今は入院してもご挨拶代わりに何かを差し上げる等という事は無いです
入院患者同士も至ってクール お菓子を患者同士で分け合うなどと言う事もなくなった

昔は1ヶ月も入院していると貰ったお菓子の始末に困ったものでした

今は、ないない(笑

完全看護の是非 これも微妙ですね
看護師さんの質の向上 これも随分個人差があってね

逆に今の若い看護師さんの対応 かなりのクエッションマークですよ
私は両方要らないですね。

子供さんや手の掛かる高齢者には必要かもね
2018/11/04(日) 08:19 | URL | はやとうり #-[ 編集]
オコジョさん
こんばんは
コメント有難うございます♪

オコジョさんの所も、ご家族が入院されたり大変だったんですね。
付き添いさん、やっぱりお知り合いの方が良いですよ。
昔は付き添いさんの方が威張っていましたよ。
皆がみんなそうではないでしょうが、私の見る限り感じの悪い人が多かったような。
義父の時の付き添いさんは、何人も一人で受け持っていて、それも大変ではありますけどね。
義母は嫌味を言われてと愚痴っていました。
今の看護師さんは感じが良くて、驚くばかりです。
教育が徹底しているんでしょうね。
2018/11/03(土) 20:53 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは
以前はそうでしたね。
母は40年位前に、私とおなじ頸椎の手術をして、一月半ほど入院しましたが、手術直後には私や妻が付き添いましたが、あとは付き添いでした。多々下、妻の従妹の方にお願いしたので、わりとへ歩イオンでしたが、それでも、病人にとってはいろいろと不満があるようでした。親しいからいいというものではないようです。
父が入院した時は短期で、妻と交代でしたが、仕事、それも残業後で、こちらは爆睡・・・
お前は役に立たないと言われました。
私の時は・・・
看護士さんには本当にお世話になりました。
何も不平もなくただ感謝です。
2018/11/03(土) 20:44 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
おばちゃんさん
こんばんは
コメント有難うございます♪

昔の付き添いさんって、結構意地悪な人が多かった気がします。
それでも頼まなくちゃいけない人は、嫌な思いをする人が多かったと思いますよ。
患者さんは本当に気の毒でした。
今は看護師さんも親切だし、隔世の感があります。
そうならないといけないですよね。
2018/11/03(土) 20:14 | URL | 万見仙千代 #jrZGCQGw[ 編集]
No title
気遣いのつもりがとんでもないことになりましたねv-405
その付添いさんは性格が悪いようですね、
日頃もそんな態度でしょうから
患者さんが可哀想だと思います。
2018/11/02(金) 22:56 | URL | おばちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード