FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

塩谷の丸山

中学の時、担任の先生が山登りの好きな方で、時々、みんなを山に連れて行ってくれました。

一度、塩谷(小樽の隣駅) の丸山という山に行った時の事。

もちろん、今のように車で麓まで行けるわけもなく、確かバスに乗って何処かの停留所で下りて登り始めたんだけど、
とにかくアプローチが長くて、どこまでもどこまでも歩いても、なかなか山に取り付けない。

やっと山登りが始まってからも、どこまで歩いても頂上に着かない。
そのあまりのキツさに、私はダウン寸前。

マジに 
「先生、私ここで待ってるから、みんな先に登ってて。帰りに合流すれば良いから」

と言いたかったんだけど、大人しい私にはとてもそんなこと言い出せなかった。

必死に歩いて歩いて、それでも漸く頂上に着いた時は・・・
ヤッター!!って感じでもなく、とにかく疲れてしまって、気が抜けたようになってしまった。

確か、見事に海が見えて素晴らしい景色だったはずなんだけど、あそこまで疲れると、記憶もハッキリしないのね。
おにぎりを食べたはずだし、みんなで歌を歌った気もするんだけど、どうもあまり覚えていない。

帰りも、もちろん歩いて下りたんだけど、その間の記憶もハッキリしない。

とにかく覚えているのは、死ぬかと思うほどキツかった道中の事だけ。
もしかしたら、あれが初めての本格的な山登りだったのかも。

丸山は、標高629mだそうで、この高さが山としてどの程度になるのか分からないけれど、私にとっては厳しいキツイ山だった
んですよね。

今思えば、先生もよくぞ、右も左も分からない生徒たちを何人も連れて行ってくれたものです。
その後、結婚してから夫の趣味であちこちの穏やかな山に登ったりしたんだけど、私の本格的な山登りは、塩谷の丸山で決まりなんですよね。


スポンサーサイト



コメント
はやとうりさん
こんばんは
コメントありがとうございます♪

鍛錬遠足!
それは名前からしてスゴイ!!
確か高校の頃は、かなりの距離を歩かされましたっけ。
我が家の子供たちが遠足と称して、バス旅行なのに、ビックリしたものです。

はやとうり家でも、物が消えますか。
それも、ご主人のときだけ(笑)
我が家の豆腐すくい、出てきましたよ。
それも、いつもと同じ場所で、「何騒いでいるの?」 みたいな顔をして、しっかり引き出しに入っていました。
おかしいなぁ、あんなに探したのに出てこなかったのに。
ご主人も、きっと私と同じことを考えているに違いない。
絶対に何者かが、どこかに隠しているのよ。
2019/03/01(金) 19:13 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
オコジョさん
こんばんは
コメントありがとうございます♪

オコジョさんの初登山は、浅間山だったんですか。
駅から歩いたんですか?!
それは大変だったでしょうね。
中学生で浅間山
さすが長野ですね。
1週間後にまた登ったんですか。
確かに、その時に辛かったら、もう二度と登らなかったかもしれないですね。
塩谷の丸山、あんなに疲れたことは後にも先にも無かった気がします。
初めての登山にしては、ちょっとキツ過ぎましたよ。
中学時代、あまり食べなかったので、ガス欠だったかも。

2019/03/01(金) 19:06 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪

この記事は遠足ではないけれど昔の遠足は鍛錬遠足と言って実にきつかった。
家に帰るともう1歩も歩けないくらい

↓の記事 我家の「おっさん」が昨日も穴あきお玉の小さい物
湯豆腐もすくえる(笑 ないないと連呼していました
無視しましたが絶対に出てくる(笑

私1人の時はそういうのは無い(笑 
置くところ全部決まっているので おっさんが触るとすぐぐちゃぐちゃになる

2019/03/01(金) 12:56 | URL | はやとうり #-[ 編集]
こんばんは
地図で丸山を探してみました。海に近い山なので、高い山ではないですが、登りごたえがありそうですね。部分的ですが少し急なところがありそうですね。でも石狩湾の海の展望が素敵かなと・・・・
私の本格的な山登りは中学2年の浅間山でした。
中学の教師が引率していた中学1年生の学校登山に誘われて・・・
小諸駅からの徒歩の往復でした。途中の浅間山荘にで一泊して、翌日山頂へ・・・
あと少しで山頂という所で、足がうごかなくなって、10歩登っては、一休みを繰り返しました。帰りは駆け下りましたが・・・
その時にはもう二度と山に登らないと思ったのですが、叔父から誘われて、その一週間くらい後に黒斑山から浅間連峰の縦走をしたら、元気に歩けましたので、山が好きになりました。2回目の山がつらかったら、もう山には登らかったかもしれません。
2019/02/28(木) 19:32 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード