FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

玉の湯 戸倉上山田温泉

戸倉上山田温泉の 「玉の湯」 に行ってきました。

この宿は、以前あった2つの旅館をリノベーションして、玉の湯という宿にしたものだそうです。

戸倉上山田、ざっと数えても、もう10回以上行っています。
とにかく、この温泉の泉質が大好きなのと、近くて簡単に行けるところが良いんですよね。

高速を使って、約1時間で到着。

玉の湯外

玉の湯

うん、なかなか良い感じ♪

中に入ると、硫黄の香りがプーンと漂っています。
この香り大好きなんですよね。
いかにも 「温泉」 って感じで。

こちらのロビーで、チェックイン。

ロビー1

お茶菓子をいただきながら、手続きをします。
だから、お部屋での接待はありませんでした。
その方が、私は気が楽です。

ロビー2

私は、最近お部屋風呂が温泉っていうのにハマり、だからこの宿を選びました。
離れで平屋の 美松亭 に案内されました。

美松

すぐ近くの 「うめ」 のお部屋。
車椅子でもOKのお部屋でした。

広々とした、二間続き。
ベッドもあります。

部屋

こちらが期待の温泉部屋風呂。
確か、室内風呂を頼んだはずなのに、露天風呂にグレードアップしてくれてみたい。
ワクワクする~

部屋風呂

お湯がずーーっと注がれています。
勿体ないなぁ。

部屋のお風呂にはアメニティは無いので、これをいただきました。
これは助かったわ。

部屋用アメニティ

アメニテッィ

面白かったのが、部屋の鍵。
1個に見えるけど

鍵 鍵2

こうやってマグネットでくっ付いていて、2個に分かれるんです。
これは助かりました。
1つしか無いと、お風呂に行った時なんか、不便なんですよね。

※ ここで、急に夫にPCを貸さないといけなくなり、この続きは後日。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト



コメント
オコジョさん
こんばんは
コメント有難うございます♪

そうですそうです!
清風園のお隣でした。
部屋風呂が温泉、とっても良いですよ。
奥様にも勧めてみてください。
だって、いつでも温泉に入れるんだもの。
タオル持ったり、あれこれ持っていく必要が無いんですよ。
鍵二つは、本当に助かりますね。
大体私の方が長風呂になるので、夫は助かってるみたいでしたよ。
マグネットっていうのも、洒落てました。
2019/11/25(月) 19:19 | URL | 万見仙千代 #g588RdHk[ 編集]
こんにちは
確か清風苑の隣の落ち着いた感じの宿でしたね。
部屋付のお風呂ってのんびりできるのでしょうね。
我が家は妻が大風呂大好きなので選びそうもありませんが・・・
でも最近は人気で増えていますね。
鍵二つは良いですね。
待たせてはいけないと慌てずにすみます。
それにしても洒落たアイデアですね。
2019/11/25(月) 13:09 | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
sheepさん
こんばんは
コメント有難うございます♪

戸倉上山田は湯量が豊富で、源泉かけ流しがほとんどなんですよ。
硫黄泉で、トロッとして最高なの。
部屋風呂が温泉って、良いですよね。
いつでも好きな時に入れるんだもの。
私なんて入りっぱなしでした(笑)
このすごいお腹を見られることもないしね。
途中で夫にパソコンを取られて、中途半端になってしまいました。
2019/11/23(土) 19:30 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんにちは♪
うわぁ~いいなぁ
源泉かけ流しの癒し宿
温泉部屋風呂もついてて
ゆっくり入りたいときに入れるし~最高!!
部屋の鍵 なかなかユニーク
別々に持てるしいいですよね~
続きは お料理かしら(*^-^*)

2019/11/23(土) 16:14 | URL | sheep☆ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード