FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

しろくまピース

愛媛県立とべ動物園の人気者 「しろくまのピース」 の物語。

もう随分前に、NHKの特集で見て以来、忘れられなかったピース。

その特別番組を、5月3日の再放送で見ました。

生まれたばかりで、お母さんのバリーバから育児放棄され、飼育員の高市さんに懸命に育てられたシロクマの子供。

生まれてから110日の間、高市さんは夜は自宅に連れて帰り、昼は動物園で飼育。

文字通り、24時間面倒をみていたんです。

それからは、本当に様々な事が起こり、それを一つ一つ高市さんは他のスタッフさんの力も借りながら、無事に20歳を迎えるまでに育てたんです。

この番組を見ると、いつも涙腺が緩んでしまいます。

ピースの高市さんに対する信頼の厚さ。

高市さんのピースに対する愛情の深さ。

その両方で、ググっときてしまうのです。

そして、いつも思うんですよね。

動物園って、入園料が結構高いじゃないですか。

子どもたちの小さい頃、高いなぁ・・・なんて思いながら入園料を払っていたんだけど、これは仕方がないことなんだなって。

だって、命を預かっている施設なんだもの。

あんなに大勢の動物たちを世話する動物園。

中には、無理矢理自然界から引き離され、入れられた動物だっているわけだし、その命に対する人間の義務だってある。

入園するお金を惜しんじゃいけないですよね。

そう思いながら、小さい子のいない我が家では、もう動物園に行くこともない。

もっと若い頃に、気付いていれば良かったのに。


スポンサーサイト



コメント
おばちゃんさん
こんにちは
コメントありがとうございます♪

そうそう!
あの時のピースちゃん、本当にかわいそうで・・・
高市さんも、辛かったでしょうね。
ピースちゃん、それまで家族の一員として、お布団で寝てたりしたのに、いきなり冷たいコンクリートの部屋に入れられて。
あれは見ている方も辛かったです。
癲癇も、ストレスからかな?と思ったり。
それでも20にまで大きくなって、高市さんとは固い絆で結ばれていて、もう涙涙です。
飼育員さんたち、頭が下がりますよね。
真の動物好きでないと務まらないお仕事ですね。
2020/05/07(木) 15:21 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
あのピースちゃんが高市さんの住宅から
動物園だけでの生活になったとき、
悲し気に鳴き続けていた姿に涙しましたv-406
高市さんも胸が張り裂ける思いだったでしょう。

他の動物も それぞれの物語があるでしょう。
それを思うと、
飼育員さんたちの努力に敬意を覚えます。
2020/05/06(水) 23:42 | URL | おばちゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード