FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

佐久の保健所

まりを貰うために佐久の保健所に行った時、職員さん、ひいては保健所の優しさに触れた。

元々長野県には、小諸市にハローアニマルhttp://www.pref.nagano.jp/xeisei/doubutu/animal.htmという施設があり、県内の保健所から引き取られた動物を保護し、希望者に譲渡する制度がある。

小諸市を眼下に望み、浅間山も見える設備の整った施設で、そこにいる犬たちは綺麗に手入れをしてもらい、どこの坊ちゃん嬢ちゃん?というくらいなのだ。ただ、どういう基準でこの施設に入れる子たちを選ぶのか、そこは分からない。多分、若く元気で性格の良い子が行くのだろう。里親希望者は常時80人程度はおり、ここの子たちには幸せな生活が約束されているのだ。

その他に各保健所で独自に里親募集を行っているのだが、私が行った佐久保健所の場合、本当にこまめにHPが更新され、その熱意が伝わってくる。

まりに会いに行った時、連れて行かれたのは駐車場のそばの 「犬舎」 と書かれた倉庫。シャッターが下りていて、思わず 「こんな真っ暗闇で、しかも寒い所に犬たちは置かれているのか」 と暗い気持ちになった。吹きっ晒しで、本当に寒い所だったのだ。

ところがシャッターを開けると、片側にケージが並んで1匹づつ入れられ、その前になんと電気ストーブが置かれているではないか。反対側の壁にはちゃんと窓もあり、真っ暗闇ではないし暖房にも気を配っているのだ。

私が会った職員さんは、若い優しそうな女性とこれまた優しそうな男性だった。側溝に落ちたまま弱り切っていたまりを、ここまで元気にしてくれた恩人たち。感謝しなければ。

今日も佐久保健所には新しいワンコが収容されていた。この保健所は掲載期間が過ぎてもずっとHPに載せてくれているのだ。わずかな収容期間が過ぎればすぐにみんな処分されてしまう、ということはない。毎日チェックを欠かさない私には良くわかる。

それでも毎日毎日連れて来られる行き場の無い犬猫たちを見るのは、仕事とは思っていても辛いものがあるだろう。処分される子だっているに違いない。そんな中でもめげずに仕事に励んでくれる職員さんには頭が下がる思いだ。


にほんブログ村 ひとりごと

ランキングに参加しています。ポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード