FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

天井から水がドバーッ

はるか昔、あるビルの一番上の階に住んでいた頃、私と姉は一つの部屋で寝起きをしていました。

ある夜のことです。

ポツン ポツン ポツン ポツン 水滴の落ちる音が聞こえます。

部屋は暗くて何が起こっているのか、さっぱり分かりません。
眠いし面倒だけど、あまり音が続くので起き上がりました。

よくよく音のする方を見ると、どうも天井付近。

じっと目を凝らすと、なんと天井がぶら下がっています 
正確に言うと、天井紙が膨らんでぶら下がっているのです。

なにが進んでいるのか良く分からず、取り敢えず姉を起こしました。
状況をのみ込んでいない姉を急かして、その下に行って良く見ました。

なんと恐ろしい事に、天井紙はどんどん膨らんでいきます。
ポタ・ポタ・ポタ・ポタ  水は落ち続け、バカな私はその膨らみを棒でつついてしまったのです。

その途端、水の重みに耐えきらなくなった天井紙は、ついに大量の水と共に ドバァーーっと 床に落ちて来ました。

もうもう床は水浸し!!
やっと異変に気づいて、両親もやって来ました。

あの大量の水をどうやって処理したのか、あまり覚えがありません。
多分みんなで必死に布で拭いたのでしょう。

その日は居間で寝て、後は業者さんに来てもらって修理です。

原因は屋上のひび割れから沁み込んだ水が、長い年月の間に天井裏に溜まったためのようです。

あれ以来、無数のひび割れにパテを塗り込んだビルを見ると、この建物もあのビルと同じ時代に建てたものだろうな・・と思ってしまうのです。



にほんブログ村 きまま

ランキングに参加しています。ポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード