FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

今までで1番頑張った時

長女の幼稚園入園が決まった後が、私のそれまでの人生で1番頑張った時だった気がする。

なぜなら、その幼稚園は 「持ち物はお母さんの手作りでお願いします」 という恐ろしい主義を持っていたのだ。

私は何が苦手って、裁縫が本当に苦手 

作らなければいけない物は 手提げ袋・上履き入れ・お弁当袋・コップ入れ・雑巾 等々。

大袈裟でなく、目の前が暗くなるというか気が遠くなるというか。

母は裁縫が大の得意だけど、何しろ遠く離れてしまっているし、頼める人もいないし。

やるっきゃない!と、とにかく簡単で見栄えが良くて頑丈な袋を作ることにした。
何しろ自分だけでなく、娘の名誉がかかっているのだ 

それからが、もう大変。 

本体は裏地なんか要らないようにキルティング生地にして、なるべく粗が目立たないようにゴチャゴチャ模様が入ったものを選ぶ。持ち手は、端を縫ったりしなくて良いように、持ち手用に売っている太くて厚くて丈夫な、ほつれない紐を選ぶ。

とにかく私があんなに手芸屋さんに通ったことはなかったし、少しでも手を抜いて見栄えが良いように頭を使った事もなかったし、ミシンを使いまくったこともなかった。

努力の甲斐あって出来あがった袋たちは、長女のみならず次女にもそのまま受け継がれ、ボロボロになって最後に捨てたのだが、その時の気分は、(あんなに一生懸命作ったのに勿体ない) とかではなく 清々した~ という感じだった。

長男の時、本当に嬉しい事に幼稚園が変わり 「手作りで!」 なんて言われなかったので、出来あいの物を買ったのだが、その時の気持ちの楽だったこと。

しかし世の中には器用な人って大勢いるもので、アップリケありの刺繍ありの、それは見事な袋を持っていた子供がいっぱいいた。ああいう才能の半分でも私にあれば、あんなに苦労しなかったのに。



にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチっと押して下さればうれしいです。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード