FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

四次元の世界に繋がる家

この前、事業仕分けに帰った家は、住んでいた時からしょっちゅう物が消える家だった。

カギ、ハサミ、ペン、ハンコ 等々、一体いくつ消えてしまったか分からないほどだ。

私は半分真面目に、「この家は絶対四次元の世界に繋がっていて、消えたもの達はそこから手の届かない世界に飛び立ったのだ」 と思っていた。

今の家に引っ越してから、四次元の世界は消え、カギもハサミもペンもハンコもあるべき所にあり、私のイライラも無くなった。 あー やれやれ 


今回帰った時、本棚を見ると、これは持ち帰ろうと思った本が何冊かあった。
1つは新田次郎の 「孤高の人」 上下2巻。

これは夫が若かりし頃買ったもので、1度しか読んでいないらしく、槍ヶ岳が印刷されたキレイな紙のカバーがかかり、内容も面白そうなのでお持ち帰り決定 

もう1つは私が買った 「西遊記」 で、やはり上下2巻。
立派なケースに入った大きな本で、私が買った本の中で1番高いかも。
はっきり言ってもう読まないだろうけど、勿体ないからお持ち帰り決定 

そして全てを車に積み込み家に帰ってみると

なんと 「孤高の人」 下巻のカバーが無い。丸裸のスッポンポン状態。槍ヶ岳のカバーが無いと、何とも間の抜けた本になってしまっていた 

それだけではない。西遊記の下巻も丸々1冊無い。

これはどういうことだ 

確かにあの時、お持ち帰り品は階段の下に置き、全部車に乗せたはずなのに。
家族に聞いても要領を得ないし、やっぱり消えた???

変だなぁ、おかしいなぁと思いつつ、今 「孤高の人」 を読んでいるところです。
カバーと西遊記は、もう四次元の世界に行っちゃったわね、きっと。



ポチっと宜しくお願いします
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
人気ブログランキングへ←お手数ですがもう一度お願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード