FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

書いても書ききれないスキーの思い出 2

高校2年に札幌に転居。
学校はそのまま小樽まで通った。
俗にいう 「汽車通」

そんなに遠くに住んでいる私にも、スキー授業は襲いかかってきた。

家から駅まで徒歩15分。
汽車に乗って45分。
駅から学校まで徒歩20分ほど。

これをスキーを担ぎ、授業道具を背負って通うのだ。

1番参ったのが寝坊をした日。

スキーとナップザックを持って、私は家を飛び出す 
いつもの汽車に乗り遅れたら、完全に遅刻なのだ。

駅に駆け込み跨線橋を駆け上がる。
この駅は操車場があって、この橋がまた長いのだ 

汽車が滑り込んでくるのが見える。

「ああ・・・ もうダメ・・・・」

諦めかける私。

その時、構内放送が流れる。

「今、1人そちらに向かって走っているので、少し待って下さい」

ゲゲーー!!

これ私のこと??!!


死にそうなほど走って私は汽車に飛び込む。

ゼー ゼー ゼー

待っていたように汽車は走りだし、乗っている人たちの注目の的になっている私は、何事もなかったような態度で外を見る。

でも走りすぎて真っ赤になった顔と、荒い息は隠せない。

みんなが (あの子よ あの子よ さっき走って飛び乗ってきたのは) って言っているようで、恥ずかしくて顔が上げられない。

親切な駅員さん、有難う。

でも行ってくれちゃっても良かったのよ~




生まれてこの方、あんなに走ったことはありませんよ。 
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

7月8日 多分 駒場公園で。何本もリードを噛み切っちゃったので、チェーンリードの姿。
「疲れただに~」
まりんば
スポンサーサイト



コメント
JUNxxxさん

恥ずかしいなんてもんじゃないですよ。
ああいう時って、スッテンコロリと転んだ後の恥ずかしさに通じるものがありますね。

その後の授業のことは、話したくもないです。

まだ、のんびりした時代でしたね。
2011/11/02(水) 08:39 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
アハハ、それは恥ずかしいかも~(笑)
駅員さんの親切な計らいに感謝するも…ですね^^
間に合ったとはいえ、待ってるのは苦手なスキー授業ですしね(爆)
でも、良い思い出ですね☆
2011/11/01(火) 23:47 | URL | JUNxxx #-[ 編集]
らざーろさん

本当ですよね。
スキー置き場くらい作ってくれたって良かったのに。
結構遠くから来てる子、多かったんですよ。
みんな苦労してたんだろうなぁ。

帰りは友達とお喋りしながら帰ったとか?
それも楽しそうだけど。
高校時代って、本当に体力がある時期だったんですね~
2011/11/01(火) 20:49 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
レオのDad.さん

うちなんて昨日、ハエがいましたよ。
ちょっと、ここは信州よ!って言ってやりました。
その後、姿が見えないんだけど、まさかすずが食べちゃった・・・なんて事はないですよね。
レオちゃん、誰とでも仲良しになれるんですね。それは良い性格!

そうです。今
でも札幌の郊外に実家があり、母と姉夫婦が住んでいます。
私が必死に駆け込んだ駅は桑園でした。
今はすっかり賑やかになったようですが、札幌の一つ手前の駅なのに、当時はビルやマンションなども無く、結構のんびりした街でしたよ。
2011/11/01(火) 20:42 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは。
スキーを学校に置いて・・・
いや、ダメですよね。皆真似したら大変です。
中学時代、「行き」はバスなのに、
なぜか「帰り」は歩きでした。
あれは疲れただに~。
2011/11/01(火) 20:35 | URL | らざーろ #-[ 編集]
こんばんは。

 ぺえたさんにも先ほど書き込んだんですが、今頃になってまだトンボが庭にいてビックリ! このところ暖かいですものねぇー。

 高校のスキーの時は、仲良しだった同級生の下宿が学校のすぐ近くだったもんで、そいつの下宿の石炭置き場みたいなとこにスキー道具一式をおいてもらっていましたから、超ラクでやんした。ウッシッシ!

 まりんば、カワイイー!
 レオにも会ってもらいたかったなぁー!
 オイラも会いたかったけど。
 レオはワンちゃん大好きで、とっても優しく接してくれます。よっぽど気難しいワンちゃんでもない限り、会うとすぐに仲良しになって散歩で行き会うのが嬉しくてしょうがない様子です。人には、なかなか近付かないですけどね。

 札幌にも住んでいらしたんですか!
 駅から徒歩15分でしたら、中心部ですよね。札幌には叔父がおりまして(まだ生きています 憎まれっ子世にはばかる、とは良く言ったものです)伏見の高台の地崎団地におります。ここはあまり居心地が良くなかったもので、用でもなければ行かなかったですね。
2011/11/01(火) 20:30 | URL | レオのDad. #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード