FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

初めての 「灰寄せ」

ある日の午後、それは突然やってきた。
同じ班のおばあちゃんが亡くなったのだ。

班長さんが飛んできて 「明後日、○○時に出棺お見送り。その後○○時にバスが来るので斎場に移動して、灰寄せに出て下さい」

佐久の 「灰寄せ」
噂には聞いていたが、出てくれと言われたのは初めてだ。

迎えのバスに乗って斎場に着く。
もう亡くなったおばあちゃんはお骨になって、祭壇に祭られていた。

我々新住民のお手伝いは会計係。
いただいたお香典を数え、帳面に記入し、総計し、更にまた袋に戻すのだ。

合間を縫って、急いでお焼香をする。
会計の集計が終わるのと葬儀が終わるのが、ほぼ同時だった。


「あちらで灰寄せをしますので、移動して下さーい」 と言われて、いよいよ初めての灰寄せに臨む。


「灰寄せ」 とは結局、「精進落とし」 の豪華版だった。
大きな会場にびっしりテーブルが並び、ご馳走が並んでいる。

私はその席で勧められるままビールをグビグビ飲み、料理をバクバクと食べ、もうお腹いっぱい。
住職さんが退席されるのを機に、部屋の角に飾られている個人の遺影に手を合わせ、各自退室する。

更にその後、喪主さんのお宅に女衆が集まり 「お念仏」 なる行事があるらしいが、新住民で話し合った結果、それは辞退させてもらうことにした。

私だけでなく、初めて体験する人たちは疲れ切ってしまったから。
民俗行事にとても興味はあったのだが、もう体力が限界だったのだ。
あんなにビールを飲まなきゃよかった 

初めての灰寄せと会計は、本当に勉強になった。

まず、お香典袋はごく簡素なものが1番。
私など、わざわざ水引付きのを持って行ったが、それを開いたり閉じたりがこんなに面倒臭いとは。

名前はフルネームで書き、住所、金額をしっかり書くこと。
それだけで、会計の仕事は数段楽になるのだ。

来年は、うちが班長をする番。
できれば、何事もなく任期を全うしたいものだ。




最後まで読んでいただき有難うございました。
今日はまりの月命日です。もう1か月経ってしまいました。
お空で元気にしてるかな?
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへこちらにもポチよろしく。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント
らざーろさん

いやいや、こちらはかなーり派手(いえ、立派)でしたよ。
それでも「生活改善運動」とかで、ハッキリと「灰寄せ」出席の人は1万円、それ以外の人は1000円、と決められたそうです。
いくら包むか、なんて悩まなくて済むので、それはそれで楽でした。

「お香典」に「領収書」ですか?!
それは無いなぁ。
会費制結婚式くらい、こちらでは有り得ないです。
2011/11/25(金) 21:28 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは。
なるほど、色々な風習があるものなんですね。
先日、「かなり遠い親戚」の葬儀に参列しましたが、
お葬式って、年々簡略化されているような気がします。
ところで、「お香典」に「領収書」って、
やっぱり北海道だけでしょうか。
2011/11/25(金) 21:10 | URL | らざーろ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード