FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

少年猿飛佐助

東映動画「少年猿飛佐助」

小学校低学年の頃、とある温泉旅館の大広間で観た映画。
それも何回も何回も。
両親は温泉に入るのが楽しかったのだろうが、子供にとっては退屈なだけ。
そんな退屈した子供たちのために、臨時映画館が作られた訳だ。

昔の東映の総力を挙げて作られた、実に丁寧で動きがしなやかな名画。

物語は、信州の山の中で姉と猿、熊、鹿などと暮らす佐助が忍術を覚え、妖怪夜叉姫に立ち向かって打ち負かす  というもの。やがて佐助は上田城主 真田幸村と知り合い、その重要な家臣になっていくのだが、映画の中に出てくる凛々しい若侍が幸村だ。

夜叉姫が骸骨になり、その骨が崩れ落ちて水に流される最期は子供にはインパクトが強過ぎて、軽くトラウマになるほど印象に残った。

私が子供を持つ身になり、ある日近所のツタヤでこのビデオを発見した時は、驚きを通り越して泣きそうになってしまったほどだ。

今はYOUTUBEにまでUPされていて、同好の士がたくさんいることに嬉しくなってしまう。

そしてこの映画の魅力は動画や内容だけではない。

その主題歌

どこかの児童合唱団が歌っている主題歌は、ふた昔前の映画やTVの主題歌がそうであったように、変声期前の少年の固く張りつめた勇ましい歌声。
何十年経っても、この主題歌は忘れられない。

http://www.youtube.com/watch?v=XKNDXhroJTY

夜叉姫との決闘場面
どうか最期までご覧になって、主題歌も聴いてみて下さい。
(何と動画は削除されていました (涙)
予告編を入れてみたので、ご覧になってみて下さい。これも駄目なのかな。

♪右に姉さん 左に努力♪ っていう歌詞もすごいですよね。
この場面と主題歌を聞くと、あの大広間の人いきれ、映写機の灯に照らされる塵、埃の匂い、入口に並んだいっぱいのスリッパなどが、一度に思い出される。


後年、自分が真田家の故郷近くに住むことになったという偶然も、何だか運命的なものを感じさせる。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード