FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

ソビエト映画 戦争と平和

先日のこと、何気なくチャンネルを回していたら、NHKのBSでソ連映画 「戦争と平和」 を放映しているのを見つけた。

この映画は、当時のソ連の国力を挙げて撮られた映画で、これが公開された時、私は○○才だったのだが、とにかくマスコミがこぞって主演の リュドミラ・サヴェーリエワ の可憐さ・美しさを大絶賛していたのを覚えている。

美しいものに憧れる年頃だったので、確かこの映画を観たはずなんだけど、全編通すと7時間以上という映画を全部観たとはとても思えない。

ただ、彼女の美しさと戦争場面の大スペクタクルは、脳裏にハッキリと焼き付いている。
どうです、綺麗でしょう?
リュドミラ

原作を読んだこともないので、あの戦争が何という戦争かも知らないのだが、とにかく当時の戦争って軍楽隊の太鼓に合わせて横に長く伸びた何列もの兵士たちが粛々と進んでいく。

そこに敵の大砲がドカンドカンと炸裂するんだから、まるで 殺してください と言うようなものだ。
バタバタと倒れていく兵士たちと、それを意にも介さず進んでいく兵士たち。
鳴り止まない小太鼓の音。

その薄気味悪さは強烈な印象を残した。

今夜はいよいよその戦争場面が放映されるらしい。
何しろものすごく広い原野一面に広がる軍隊は、すべて本物だというのだから驚く。
これは是非とも観なくっちゃ。



読んでいただき、有難うございました。
ランキングに参加しています。ポチよろしく。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

ポチよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
三流学士さん
こんばんは。

エキストラの物凄い数といったら、お話にもならないくらいですね。
さすがソ連!って思いました。
これでプロパガンダの戦争映画を作ったら、さぞやスゴイ映画ができたことでしょう。

昨夜は途中で寝てしまったのですが、戦争相手はナポレオンでした。
結局ナターシャがどうなったのか、ピエールがどうなったのか分からないままなので、ぜひ続きを見たいのですが、残念ながらツタヤにはありませんでした。
こういう作品を扱って欲しいのに。
2012/02/02(木) 18:44 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは。

ソ連映画は何本か戦争映画を観たのですが、取り上げていらっしゃる「戦争と平和」の様に芸術性の高い映画ではなく、「スターリン万歳!共産主義万歳!!」というプロパガンダ一色の映画でしたので、それ以来「ソ連映画ってのは…」と思っていましたが、一方でこういう映画もあるんですね。

ソ連の映画で凄いと思うのはエキストラの動員数(軍が全面的に支援しているらしいです。CG無しなので全員エキストラ)と、やたら長い上映時間ですね~。私が観たのも6時間くらいありました。
2012/02/02(木) 18:28 | URL | 三流学士 #-[ 編集]
はやとうりさん
こんにちは。

はやとうりさんはお料理に打ちこんでいたんじゃないかしら。
それでなくちゃ、あんな素晴らしいお料理を作れる訳がないもの。

結局、「戦争と平和」時間が遅くなりすぎて最後まで観られませんでした。
ああ、結末が気になる!
本も読んでいないし、レンタルするしかありません。
よくあんな長い物語読みましたね~
名前を読むだけで、疲れちゃいそう。
2012/02/02(木) 15:09 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
見ていないですねぇ
いろいろなブログを訪問すると皆さん映画や音楽にお詳しい
特に洋画や洋楽 
これを見る度に私は一体どんな時を過ごしたのだろうと考えて
しまいます
仕事と子育てばかりに追われていたのでしょうか
今も我家BS契約していません
ビデオのレンタルもしません 
未だにどんな生活(笑
でも「戦争と平和」本は途中まで読みました
2012/02/02(木) 10:44 | URL | はやとうり #-[ 編集]
JUNxxxさん
おはようございます。

リュドミラさん、綺麗でしょう?
当時の人気はすごかったんですよ。
この人は後に、ソフィア・ローレンと「ひまわり」という映画にも出ていました。
ロシアの女性は美人とそうじゃない人が極端だと思いません?
常々、体操・フィギュアの選手と砲丸投げの選手は、違う国の人じゃないかと思ってるんです。

是非ともご覧になってみて下さい。
2012/02/02(木) 09:04 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは☆
ソ連映画ですか、7時間以上とは壮大ですね^^
リュドミラ・サヴェーリエワさん綺麗…ロシアの女性綺麗な人多いですよね~♪
たぶん、オードリー・ヘプバーンの同作品は観たと思うんですが、機会があればレンタルしてみますね☆
2012/02/01(水) 23:50 | URL | JUNxxx #-[ 編集]
あしながおじさんさん
こんばんは。

読まれたんですか!
一昨日からチラ見していますが、どうも登場人物の名前からして良く分かりません。
可愛い彼女はナターシャだというのは、分かりました。
今日の戦争場面はものすごい規模だというので、期待しています。
CGじゃないんですものね。
2012/02/01(水) 22:42 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
これは壮大な物語ですね。学生のとき、全集を買って読んだが、あまりに長くて、結局何か書いてあったかすっかり筋を忘れてしまった。この映画はを作ったことが、まさにロシア的です。これもあまりに長すぎて、全て見ていない。
 ただ、憶えているのは、記事に書かれている美しい俳優だけという始末です。今日の映画は見てみよう。結末がわかるから。
2012/02/01(水) 22:34 | URL | あしながおじさん #sMU8RmZA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード