FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

帰省の旅 3. 小樽の素敵な隠れ宿

小樽での宿泊は、私の旧居にほど近い住吉町にある、それはそれは素敵な宿。

名前は 「坂の上館」
1日1組のみの宿。
タクシーの運転手さんも知らない、文字通りの隠れ宿でした。

観光名所 「オルゴール堂」 の近く、小樽でも大金持ちが住まっていた一帯にその宿はあります。
小樽でも有名な料亭 「海陽亭」 などの並び、「三本木旧坂」の途中です。


これがアプローチ
アプローチ

昔、海運業を営んでいた人のお屋敷を取り壊し、末裔の方が家を立て替えて住んでいるのですが、そのすぐ裏、小樽港を一望のもとに見渡せる丘の上に、かつては応接間として別棟で作ったという立派なコテージがあります。
外観

料金は1泊素泊まりで6000円。
高い天井からはシックなシャンデリアが下がり、寝心地の良いベッド。
立派な大理石の暖炉が据えられ、重厚なカーテンがかかっています。
坂の上館内

だんろ

部屋の外にはサンルームがあり、小樽港が見下ろせます。
サンルーム

翌日、小樽港を見るとこんな感じ。
港
オートバックスの看板が邪魔だけど、昔は絶景だったんでしょう。

ふと気づくと、大きな船が入港していました。
船

同じ小樽でも、こういう所に住んでいた人もいたのねぇ・・・

6000円なら、下手なビジネスホテルに泊まるより絶対にここがお勧め。
春になったら庭に薔薇が咲き乱れ、最高みたい。

水回りなどは最新のもので、快適そのものでしたよ。
束の間のゴージャス気分を味わいました 

ついでに夜景も載せちゃいますね。
小樽築港方面を見たところです。
夜景宿

今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



コメント
レオのDad.さん
こんばんは。

素敵な宿でしょう?
食べる所ならいくらでもあるし、何と言ってもここは我が家族発祥の地でもあるし、交通の便も良いしで即決しました。
私が夜遅くに帰ってきても、母屋とは全くの別棟なので気にしないで済みましたしね。

日本食堂、憶えてましたか。
あの頃は、どこの駅にも日本食堂があった気がします。
今思えば、殿様商売でしたよね。
2012/03/30(金) 22:17 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
こんばんは。

 この隠れ宿はクラシックな雰囲気で、とっても素敵
ですね。料金もリーズナブルだし、素泊まりと言うのも
却って便利な感じがします。
 なんたって小樽には美味しい店がひしめいているの
ですから。

 そうそう、小樽駅ホールの左手側に日本食堂が
有ったのを憶えています。トイレは印象が薄かったのか
忘れてしまいました。
2012/03/30(金) 21:57 | URL | レオのDad. #-[ 編集]
三流学士さん
こんにちは。

この雰囲気、設備で6000円は考えられない値段ですよね。
おまけにオーナーさんも上品な奥様で感じが良くて、本当に贅沢な時間でした。
御一人様もOKなんですよ。
気候の良い時に、ここに一人でチェックインしてあちこち見て回るのも良いなぁ、と思いました。

夜景、そんなに有名なんですか!
知らなかったわ。
2012/03/30(金) 12:13 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おはようございます。

モダンな宿ですね~。1日1組という所もまたそそるものがあります。
しかも、素泊まり6000円なんて…この雰囲気と設備なら安すぎる金額
ですね。

小樽の夜景って凄く有名なんですよね。確か北海道3大夜景の1つだったと記憶しています。
2012/03/30(金) 10:11 | URL | 三流学士 #-[ 編集]
はやとうりさん
おはようございます。

我が家は、このすぐ近くなんですが、いきなりの下町で、この辺りは全くの別世界でした。
友人のお屋敷がこのすぐ近くにあって、そこのお宅に行くと夢の世界のようだったのを憶えています。
幼心に「お金持ちってこういうものなんだ」と思ったものでした。
その雰囲気を味あわせてもらった宿でしたよ。

2012/03/30(金) 08:37 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
らざーろさん
おはようございます。

実は祝津にある露天ぶろ付きのホテルとどちらにするか迷ったんですが、こちらに決めて正解でした。
何しろ交通の便が良かったし、とにかく素敵!

そうですね、あまり人に知られたくない宿ですね。
それにしても小樽のお金持ちって凄かったのねぇ、とつくづく思いましたよ。
2012/03/30(金) 08:32 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
あしながおじさん
おはようございます。

ゴージャスですよねぇ。
もっと良い季節に、ぜひ行ってみたいものです。
でも1日1組ですからね、なかなか予約がとれないのかも。
2012/03/30(金) 08:28 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
No title
おはようございます♪

素敵なお部屋ですね
こんな所に泊まってみたいです
眺望も看板が邪魔ではありますが夜景は素敵
こんな所に住居を構えていた方があるのですね

人生も色々だなぁ。。。
2012/03/30(金) 08:07 | URL | はやとうり #-[ 編集]
No title
こんばんは。

いやぁ、全然知りませんでしたよ、こちらの宿。
こういったところで、普通に生活してた方もいるんですよねー。やっぱり小樽はいいなぁ。

旅番組で小樽が取り上げられると嬉しいのですが、
この宿は、「知る人ぞ知る」存在であって欲しいです。
2012/03/30(金) 00:13 | URL | らざーろ #-[ 編集]
No title
これで6000円は安い。今なら東横インでも6000円は取られます。
 それから比べればゴウジャスですね
2012/03/29(木) 23:55 | URL | あしながおじさん #sMU8RmZA[ 編集]
JUNxxxさん
こんばんは。

素敵でしょう?
私もビックリでした。
完全に独立した建物だから、気兼ねなく楽しめますよね。
素敵なワイングラスも置いてあったので、ワインを持ち込むのも良いですね。
チェックアウトが11時なのも、ポイント高かったです。

JUNxxxさんも小樽にお出での節は、ぜひとも泊まってみて下さい。
2012/03/29(木) 23:26 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは☆
これはいいお部屋ですね、豪華♪
品のある重厚な雰囲気のお部屋で6000円ですか、普通ありえないですよね(笑)
眺望も最高のようですし、北海道旅行の際は要チェックですね☆
2012/03/29(木) 23:12 | URL | JUNxxx #-[ 編集]
メイエムズさん
こんばんは。

本当に楽しい帰省でした。

このお宿はね、姉が観光雑誌で見つけたんです。
良くチェックしている雑誌らしいんですが、初めて載ったそうですよ。
すかさず電話で予約してくれました。
メイエムズさん、ぜひ泊まってみて下さいな。

本場のジンギスカン 超旨いぜよ!!
2012/03/29(木) 22:44 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
お帰りなさい。
こんばんは!お久しぶり。
楽しめたようですね。
それに、今日のお宿、知る人ぞ知るって隠れ家ですか?!
是非行きたいものです。
私は、帰省するってところないのでいいのか、悪いのか、ちょっとうらやましいです。
本場のジンギスカンも食べたいぜよ!!
2012/03/29(木) 21:56 | URL | メイエムズ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード