FC2ブログ

本・音楽・ペット・合唱・その他色々、書いていこうと思っています♪

高原のサナトリウムに行ってきました。

念願かなって、取り壊される「富士見高原療養所」に行ってきました。
写真が多くなってしまいましたが、どうぞご覧ください。 

途中、姨捨SAでお弁当休憩。
有名な棚田が見えるはずなんだけど、どこにあるんだろう?
リンゴ林に隠れているのかな。
姨捨


それから一路、中央本線富士見駅近くにある「富士見高原病院」を目指します。
富士見は「町」なんだけど、結構大きかったですよ。
佐久駅前より、ずっと賑やか。
その、ちょっとゴチャゴチャした所に「富士見高原病院」はありました。
あれ?なんかちょっとサナトリウムとはイメージが違うみたい。
病院

とりあえず病院の受付で聞いてみると、何人も訪れているとみえて手際よく教えてくれました。

ここが当時の建物のうち、ただ一つ残った「富士病棟」
可愛いプードルちゃんが、お父さんを待ってました。
病棟

階段はギシギシ音をたて、歳月を感じさせます。
階段サナトリウム2

2階の南側(左)が病室、北側(右)はナーススティションその他が並んでいました。
廊下

ナーススティションなんて、レトロですよね。
ナースステーション

残念なことに、廊下と階段は良いけど展示室の撮影はNG。
そんなぁ、明後日から取り壊すんだから良いじゃない・・・と思ったけど、オジサンが見張っていたので諦めました。
せいぜい頑張ってこれです。
病室1

病室2

廊下の突き当たりにあったのが、食堂。
締めきってあったので、ガラス越しに激写。
食堂

病棟の南側にはうまく入れず、何とか写したのがこれ。
ベランダが痛んでますね~
南側

北側から見たところ。
北側

驚いたのが、当時このサナトリウムに入所するのに大金が必要だったこと。

特別室=二十円、特等=五円、一等=四円、二等=三円、三等=二円と高額である。当時(昭和六年)の小学校教員の初任給が、四十五~五十五円、大学出身のエリート銀行員の初任給(昭和二年)でさえも七十円程であったのである。堀辰雄研究より

驚きますよねぇ。これ日額ですよ。
堀辰雄も許婚の矢野綾子さんも、本当に裕福な家の人だったんですね。
何しろ軽井沢で知り合ったくらいだから、上流階級の人達だったんです。
お金の無い庶民は、運を天に任せるか町中の病院に入るしかなかったんでしょうね。

いつもながら下手くそな写真で自分でもガッカリなんですが、明後日から取り壊される資料館を見られて、とっても満足です。


今日もクリックお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村
こちらにもよろしくね

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



コメント
チルさん
こんにちは。

中にも現在の結核の状況が書いてあり、決して過去の病気ではないと書いてありました。
私の中では、今一つピンとこないんですよね。
簡単に治る病気のような気がして、切迫感が無いんです。
でも今でも亡くなる方は多いようです。

田舎の病院。
小樽病院にも昔はあんな感じの病棟がありましたっけ。
考えると、もう今日から取り壊しにかかってるんですね。
ぎりぎり間に合って良かったです。
2012/09/03(月) 12:06 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
KZ-1さん
こんにちは。

姨捨、戸倉上山田のすぐ裏側になるんですね。
今まで1度も行った事がなかったんですよ。
棚田はどこにあったのかな?

サナトリウム、本当に当時はモダンだったんだと思いますよ。
北側に向かって上り斜面になっていて、あそこにたくさんの病棟があって、いっぱい入院患者がいて、林の中を散策して・・・・なんて色々想像しちゃいました。
2012/09/03(月) 11:58 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
サナトリウムの資料館残して欲しかったですね~
結核は過去の病気ではないですからね~
でもこんな感じの病院…普通に今でも田舎にはあるんですね。
私が実習に行った病院も木造の古い作りでレトロ感ありました。
解体前に見学できてよかったですね。
2012/09/03(月) 11:48 | URL | チル #LKe1HGjQ[ 編集]
こんばんは。

姨捨SAからの眺めは本当に綺麗ですよね~。
家族で戸倉上山田温泉に旅行へ出かける時は、
往復のどちらかに必ず寄ってこの眺望見るのが楽しみでした。
何と言うか、「長野に来た!」と実感させてくれるSAだと思います。

立地といい、建物といいとても素敵なだけに解体は残念ですね。
お写真を拝見するだけでも、療養のためとはいえ、当時はモダン
なスポットだったんだろうなぁ、と感じます。
2012/09/03(月) 01:13 | URL | KZ-1 #-[ 編集]
おばちゃんさん
私、全然おかしいと思ってませんでした。
だって「うら若き乙女」とか普通に言いますよね。
でも調べると仰る通り、乙女=若い女性 なんですね。
いやあ、勉強になりました。
「骨を骨折する」とも同じかな。
2012/09/02(日) 17:13 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
ああ、恥ずかしやですぅ
『若い乙女』なんて書いてしまったv-12
『若い女性』と書くべきでした。
『馬から落ちて落馬した。』と同じレベルですね。

あら、嫌だ、人の文章は批判するくせに・・・・・
あくまでも若年性認知症が始まっているとご理解くださいv-8
2012/09/02(日) 16:12 | URL | 佐賀のおばちゃんです。 #-[ 編集]
はやとうりさん
「風立ちぬ」の舞台、無くなってしまうのは残念です。
入館料を取ってでも、維持してくれれば良かったのに。

ここで大勢の若者が療養し、かなりの人が亡くなったなんてねぇ。
入院期間もみんな長いんですよ~
3年とかね。
結核は若い人がかかるのが多かったみたいです。
やはり、今でも多いと書いてありました。

あの建物が、明日から壊されてしまうなんて、ちょっと信じられません。
2012/09/02(日) 09:39 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
ひこぞーママさん
本当にラッキーでした。
信濃毎日新聞に感謝です。
こういう時、地元紙は情報が早いですね。

入院費、思わず目を疑いました。
特に特別室って一体どういう人が入ったのかな。
名前も極秘になっていたのかな、なんて想像しちゃいました。

それにしても、発表から1週間で解体って超早いですよね。
昔は広大な敷地だったんでしょうが、今は色々な施設が建てられ、狭くなっちゃったみたいですよ。
2012/09/02(日) 09:33 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
あしながおじさんさん
私も入院費の高さには本当にビックリしました。
庶民にはとても払えない金額ですよね。
だから有名人がたくさん入っていたのかな。
何も出来ない一般庶民の致死率は、すごいものだったんでしょうね。
2012/09/02(日) 09:28 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おばちゃんさん
薄幸の若い乙女
私もそのシチュエーションにちょこっと憧れますね。
実際には死と隣り合わせなんだから、どんなものだったのかな。
もう達観していたのかしら。

業者さんの車が辺りにいっぱい停まっていて、すぐにでも解体にかかるぞ!って感じでした。
ああ勿体ない。
2012/09/02(日) 09:26 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
らざーろさん
辺りは一面の落葉松林。
2人は手に手を取り合い、その中を散策するんです。
それ以上の事は、あるわけないですよね。
サナトリウムなんですから。
もちろん、らざーろ青年がカンバスを持ってあげるんですよ。

矢野綾子さん、綺麗な方でした。
佳人薄命なのね~

今日はかなりの人が押し寄せていると思います。
本当に残念!
2012/09/02(日) 09:22 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
おはようございます♪

富士病棟趣がありますね~~
堀辰雄さんの「風立ちぬ」の舞台残念ですね

歴史と共に建物は消えて行くのでしょうか
寂しい限りですね

貴重な物が最後に見学できて良かったですね
2012/09/02(日) 08:06 | URL | はやとうり #-[ 編集]
こんばんわ。
閉館前に見学できてよかったですね!
入院費には驚かされますね~。そんなに高額だったのですか・・。
庶民は天運まかせ。いつの時代も変りませんね。(^^;
そんなこんなを含めて全部、貴重な資料ですが、解体とはやはり残念です。
でも、こうして写真に記録が残るから、よいですね(^^
2012/09/02(日) 00:09 | URL | ひこぞーママ #-[ 編集]
随分高い病院ですね。日本の中のほんのひとにぎりの人が入れたのだ。
一般の人は随分死んだのでしょうね。
2012/09/01(土) 23:58 | URL | あしながおじさん #sMU8RmZA[ 編集]
レトロ感が漂っていますね。
その昔、この病院に入院していた薄幸な若い乙女になった気持ちで
拝見させていただきました。
いろいろなドラマがあったのでしょうね。

それにしても勿体無いですね、解体はv-237
2012/09/01(土) 23:52 | URL | 佐賀のおばちゃんです。 #-[ 編集]
JUNxxxさん
こんばんは。

お久しぶりです!
勿体ないですよね~
今日明日しか日にちが無いので、結構な数の見学者が来ていました。
とにかく慌ただしい発表だったので、私も焦りましたよ。
ここに結核の患者さんがいっぱいいたんだ、まだ菌が残ってるかも・・・という雰囲気でした。
2012/09/01(土) 21:55 | URL | 万見仙千代 #YR4Ixzf2[ 編集]
こんばんは。

・・・・・

「おや、絵をなさるのですか。これは高尚な御趣味を。」
「マァ、あなたはあの時の・・。」

芸術には疎い青年は、それ以上言葉を継ぐことが出来ない。
しかし一閃の風が、カンバスを飛ばす。
咄嗟に押さえようとする、男女の手と手が触れる。

・・・などという妄想が、また(笑)。

それにしても、残しておいて欲しかったですね。
2012/09/01(土) 21:50 | URL | らざーろ #-[ 編集]
こんばんは☆
86年前に開院した富士見高原病院ですか。
とても雰囲気のある建物だし歴史的価値もあるだろうに解体ですか。。
ま、いろいろあっての解体でしょうし…でも、しょーがないとはいえ残念ですね。
いいお写真でした☆
2012/09/01(土) 21:45 | URL | JUNxxx #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

万見仙千代

Author:万見仙千代
出身は北海道、長い首都圏生活を経て、ただいま信州在住です。

愛護団体出身で、多分16才になるすず、2011年3月11日に保健所からやって来て家族になった、年齢不詳のまりの2ワンコの散歩を中心に、1日が回ってます。
すずは、令和元年9月21日に永眠しました。まりは、2011年10月25日永眠しました。まりは、家へきて、たった7か月と2週間の生活でした。

一緒に歩く相手がいなくなってしまいましたが、散歩は続けています。
健康とダイエットのためです。

リンクはお気軽に。

過去記事へのコメントも大歓迎です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード